Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://manjuubook.blog66.fc2.com/tb.php/91-cb021fc7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

モーツァルトで早期教育

「0才からのクラシック」という定期コンサートがあって、
たまにはそういうのもいいよね?と勇んで出かけた我々。
クラシックのコンサートなので、パパは山高帽に燕尾服、
ママは真っ赤なイブニングドレス、
まんじゅうは顔よりデカい蝶ネクタイに天使の羽といういでたちで、
はるばる東京オペラシティへと赴いたのであった(三輪車で)。

1曲目、かの有名な「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」が
終わった瞬間、まんじゅうが

“たん!”←下りる(抱っこ等の時に)

床なんか下ろしたら
ステージに上がってスタッフに捕獲されるか
ステージに上がろうとして階段で転んで顔ぶつけて泣くか
どちらかに決まってるので、
「ここではね、座って音楽を聴くんだよ」
と諭した。すると今度は

“ぱいぱい”

飽きたんか。おまえさま飽きたんかい。

あの手この手でごまかしたり、仕方ないから中座して
授乳室に行って戻ってきてみたりと苦しい時を過ごしたが、
とうとう「帰ろうか」と、あと2曲を残して会場を出た。

どうもまんじゅうさんはじっとしてるのは嫌いみたいですな。
まあ、そんなもんでしょう。

さて、お昼をオペラシティで食べて、帰ろうかというときに、
同じオペラシティにあるICCなるところでキッズプログラムという
催しがあるのを発見。
寄ってみようか、と軽い気持ちで立ち寄ったら、
これが大当たり!!

目新しいもの、不思議なものに駆けずり回って喜ぶまんじゅう、
それに負けず劣らずオトナ気なくはしゃぐ我々ことペアレンツ。

まんじゅう先生はステージみたいなところで光線を追いかける
ってのがお気に召したらしく、ほっとくと過労で気絶するまで
走り回りそうな勢いであった。
これもまた、そこから移動させるのに猛烈に手こずったのであった。
いや??、2歳・イヤイヤ期の兆しが窺われますな……。

というわけで、一日中なんだかんだと大変楽しんだ
我々一家は、体を動かした心地よい疲労感と共に
オペラシティを後にしたのであった。
(山高帽に燕尾服、赤いイブニングドレスに蝶ネクタイで)

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://manjuubook.blog66.fc2.com/tb.php/91-cb021fc7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

araia

Author:araia
araia→母。初めての子育てで七転八倒中。
まんじゅう→息子。平成16年8月生まれ。8歳!
パパ→父。息子を愛している。

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。