Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://manjuubook.blog66.fc2.com/tb.php/83-9ffd4879
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

仔牛の春

まんじゅうの昨日の「おやすみの本」はこちら。
仔牛の春 仔牛の春
五味 太郎 (1999/01)
偕成社

この本の詳細を見るとよい

四季の移り変わりを通して仔牛の成長を描いた絵本なのだ。
春が来て、雪が融けて、花が咲き、嵐が来て??と、1年の廻りを
シンプルな一文と絵で表現しているのだが、
これがまた非常にシンプルなくせに、
青葉のしげる草原に少年が心地よさそうに
寝転ぶ絵は風のそよぎや草の香りを漂わせ、
嵐の絵からは暴風のうなりや雨の冷たさを感じさせられて、と
素晴らしく情緒豊かなのだ。
(↑無駄に長い文章)

一つ一つの季節の持つ空気感とか美しさが
ちびっ子にも伝わるようで、
まんじゅうもこの本は「眺め入る」ってなふうに見つめる。
草原の少年を自分だと言ってみたり、風に飛ばされた帽子を
指差してみたり、雪を“あめ”と言ってみたりしながら、
描かれる季節の移ろいを楽しんでいるみたいだ。

この本を読むたびに、まんじゅうに
「今年の夏は海を見ようね」「次の冬には雪だるまを作ろうね」
「来年の春はイチゴ狩りに行こうね」
なんぞと話しかける。

あ?これから、まんじゅうにはたくさん楽しいことが
待っているのだな、そしてワシらにはそんなまんじゅうを
見るという楽しみが待っているのだなと、
わくわくさせられたりもする絵本なのである。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://manjuubook.blog66.fc2.com/tb.php/83-9ffd4879
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

araia

Author:araia
araia→母。初めての子育てで七転八倒中。
まんじゅう→息子。平成16年8月生まれ。8歳!
パパ→父。息子を愛している。

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。