Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://manjuubook.blog66.fc2.com/tb.php/81-a6ae66d9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

まんじゅうの災難

海のじじばばのところに行った際、
近くにある(つっても車で1時間ぐらい)
水族館に行ったのであった。
「ペンギンさん見られるよ??」
「お魚いっぱいいるよ??」とさんざん吹き込まれたおかげで
まんじゅうはとても楽しみにしていたのであった。

ペンギンのプールに大喜びし、
マンボウの奇怪な姿に興奮したまんじゅう。
暗い室内にボ??っと青く光る巨大水槽、そしてその中を
ゆうゆうと泳ぐ大きな魚たちにおおはしゃぎ!
ワシの手を振り切って水槽に一目散に駆け寄った、その時!

ズテン!ゴツン!

ああまんじゅう、転んで床の段差の角に顔面激突!
破裂したかのような大号泣に慌てて抱き上げると、
既にまぶたに青あざが出来てるじゃあないですかっ!

近くで見ていた親子連れのお父さんが「冷やしたほうがいいですよ」
「案内に聞けば医務室に連れてってもらえるんじゃないかな」
と、うろたえるワシらにアドバイス。お礼もそこそこに
救護室に飛び込んだ。

パパが売店からもらってきた氷で目を冷やしたのだが、
まぶたはみるみる腫れていく。
救護室にいたのは白衣こそ着てるが「今日はローテーションで
ここにいますが、明日はお土産ショップのレジです」みたいな
おばちゃま。ワシらよりもうろたえて、「冷やさなくちゃね」
と言いながら冷えピタを持ってくる。

まず己のまぶたにそいつを貼るがよい!!!! 

ここにいても物事が好転することはまずない、と
適切な判断を下し、紹介してもらった休日診療の病院へと
向かったのであった。

その間、まんじゅうに
「ごめんね、痛かったね、ママが抱っこしてれば
こんなことにならなかったねえ」
と謝りたおしたワシ。

するとまんじゅうは、ジジやババなどに
「かわいそうにねえ、痛かったねえ」などと
言われるたびに
“おっきい おさな、←おさかな、の意味
まま、だっこ”
と言うので、ワシはひたすら身を縮めるのであった。トホホ。

病院では「大丈夫ですよ??」と言われたが、
極端に心配性のワシは目に何かあったらどうしようと
気が気でないので、やっぱ眼科に連れて行くことにします。
今決めました。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://manjuubook.blog66.fc2.com/tb.php/81-a6ae66d9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

araia

Author:araia
araia→母。初めての子育てで七転八倒中。
まんじゅう→息子。平成16年8月生まれ。8歳!
パパ→父。息子を愛している。

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。