Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C736]

 うちのトロル(特に雌)はこのままだと亡霊のようにいつまでもまとわりつくタイプですな…
 私にもちょっとグサッ。
 飼い殺しという言葉を思い出しちゃいマシタ(汗)
 いつかはけんたに潔く負けるため、真っ直ぐに強く育ててあげないといけないなぁ。
 将来負けるために育てるなんてなんだかおかしな感じだけど、ソレを受け入れられるのは親だからなのかしらね~
  • 2007-07-13
  • 投稿者 : けんた’sママ
  • URL
  • 編集

[C737]

>けんた'sママさん
いや~~大きなヤギがやってきたときに
潔く負けてやるためにも、今はべったりと
まとわりつくべきなのかも知れないなと
思ったりして。
その時がきたら、トロルはきっと
清々しい気持ちで谷底へと落ちていくのですよ……
  • 2007-07-13
  • 投稿者 : araia
  • URL
  • 編集

[C738]

なんかイイお話ですね!
いつもなにげなく読んでいた
このお話に、そんな深い意味が
あったとは!!
子どもを育てるのって、ホント
難しいですよね。
せっかくの芽をつぶさないように、
私もがんばらなくては★
  • 2007-07-14
  • 投稿者 : りくたんママ
  • URL
  • 編集

[C739]

ガラガラドンに、そんな設定があったなんて知りませんでした。
そうかー、そうかー。
なんだか考えさせられますね。涙
うちのママトロルは強すぎるかもしれない。
負けるときも必要ですね。
反省
  • 2007-07-14
  • 投稿者 : べこまま
  • URL
  • 編集

[C740]

>りくたんママさん
昔話とか童話とかって、なんだかいろいろ
裏の意味に満ちてるみたいですね~。
ちょっと興味を持ってしまいました!

芽を潰さないって大事ですねえ!!
勝手な期待をしすぎないよう、気をつけたいと
思いました……

>べこままさん
今は強くてもいいかもしれない、けど
将来は負けてあげる勇気も必要なのかなと思いました!
二人のこやぎたち、元気に立派に大きくなりますよね、
きっと!!
  • 2007-07-14
  • 投稿者 : araia
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://manjuubook.blog66.fc2.com/tb.php/260-778e6d49
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

どりるはどこに ?「三びきのやぎのがらがらどん」

絵本と積み木の会にて。

今日の朗読はこちら。
三びきのやぎのがらがらどん―アスビョルンセンとモーの北欧民話 三びきのやぎのがらがらどん―アスビョルンセンとモーの北欧民話
マーシャ・ブラウン、せた ていじ 他 (1965/07)
福音館書店

詳細を見る


かの有名なお話、こちらをただ読むのでなく、先生がストーリーを積み木で再現するのだ。

やぎたちが橋を渡るシーン。
恐ろしいトロルに立ち向かうやぎたち。
小さなやぎが通り過ぎ、中くらいのやぎが橋を渡り……

息をのむ子どもたち。
まんじゅうはと見れば、何やらあらぬ方向を眺めている。
は?と、視線の先を追ってみるが、特に何もない。


怖くて目を背けてるようだ……


話が終わって、まんじゅう、しきりに

"どりるは?"
"どりるは?"

いや、どりるじゃなくてトロル。
「トロルは、大きなやぎがやっつけたから、もういないよ」
と何度も言い聞かせるのだけど、思い出したように

"どりるは?"

いや、トロル。


家に帰って。

"どりる みたいなのは?"

みたいなの、が付きましたか。
何度も何度も「大きなヤギがやっつけたから、もういないよ」(あとドリルじゃなくてトロルだよ)と言い聞かせた。

"おおきな やぎが
えいやーって やっつけたんだよね"

ようやく笑顔を見せるまんじゅう。

と思ったら
"でも あっちに
また いるの"

刻み込まれたようである、トロル。

なんでもヤギは子ども、トロルは親の象徴。
子どもは大人になるまでに3度、親と戦う。
幼児期の反抗、小学生ぐらいになってからの反抗、思春期の反抗(だったかな!?)
最後は親に打ち勝って、大人になるのだと。

うちのヤギはトロルに打ち勝てるのだろうか!?
トロルは、ヤギが戦えるまで大きくなる前に、食い殺したりしまわないだろうか!?
まんじゅうのトロルは、消えるべきときに消えてやれるだろうか!?
いつまでもいつまでも亡霊のようにまとわりついたりしないだろうか!?

トロルはまだいるの、と言うまんじゅうの呟きは、近ごろ彼の自己主張ぶりにカリカリしがちな母に、ぐさっと刺さったのであった。

5件のコメント

[C736]

 うちのトロル(特に雌)はこのままだと亡霊のようにいつまでもまとわりつくタイプですな…
 私にもちょっとグサッ。
 飼い殺しという言葉を思い出しちゃいマシタ(汗)
 いつかはけんたに潔く負けるため、真っ直ぐに強く育ててあげないといけないなぁ。
 将来負けるために育てるなんてなんだかおかしな感じだけど、ソレを受け入れられるのは親だからなのかしらね~
  • 2007-07-13
  • 投稿者 : けんた’sママ
  • URL
  • 編集

[C737]

>けんた'sママさん
いや~~大きなヤギがやってきたときに
潔く負けてやるためにも、今はべったりと
まとわりつくべきなのかも知れないなと
思ったりして。
その時がきたら、トロルはきっと
清々しい気持ちで谷底へと落ちていくのですよ……
  • 2007-07-13
  • 投稿者 : araia
  • URL
  • 編集

[C738]

なんかイイお話ですね!
いつもなにげなく読んでいた
このお話に、そんな深い意味が
あったとは!!
子どもを育てるのって、ホント
難しいですよね。
せっかくの芽をつぶさないように、
私もがんばらなくては★
  • 2007-07-14
  • 投稿者 : りくたんママ
  • URL
  • 編集

[C739]

ガラガラドンに、そんな設定があったなんて知りませんでした。
そうかー、そうかー。
なんだか考えさせられますね。涙
うちのママトロルは強すぎるかもしれない。
負けるときも必要ですね。
反省
  • 2007-07-14
  • 投稿者 : べこまま
  • URL
  • 編集

[C740]

>りくたんママさん
昔話とか童話とかって、なんだかいろいろ
裏の意味に満ちてるみたいですね~。
ちょっと興味を持ってしまいました!

芽を潰さないって大事ですねえ!!
勝手な期待をしすぎないよう、気をつけたいと
思いました……

>べこままさん
今は強くてもいいかもしれない、けど
将来は負けてあげる勇気も必要なのかなと思いました!
二人のこやぎたち、元気に立派に大きくなりますよね、
きっと!!
  • 2007-07-14
  • 投稿者 : araia
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://manjuubook.blog66.fc2.com/tb.php/260-778e6d49
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

araia

Author:araia
araia→母。初めての子育てで七転八倒中。
まんじゅう→息子。平成16年8月生まれ。8歳!
パパ→父。息子を愛している。

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。