Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C621]

 そっかぁ、立派な機関車の方が好きかぁ。
 大人でも見た目重視な人いますしね(私だ…)
 でもちびっこ機関車が山のてっぺんにたどり着いたときに「やったー」と喜んだまんじゅうくんですもの、ホントはわかっていそうですね♪
  • 2007-06-07
  • 投稿者 : けんた’sママ
  • URL
  • 編集

[C622]

まんじゅうくんは、パパさんが
大好きなんですねぇ。
やっぱ会社行かないで
そばにいて欲しいもんね!
でもそれより、物欲が勝って
しまうあたりが、子どもらしくて
いいですね★
うちのりくたんも、絶対
「パパ会社行って」
ですね~!!
物欲すごいもん(笑)
  • 2007-06-07
  • 投稿者 : りくたんママ
  • URL
  • 編集

[C623]

>けんた'sママさん
まんじゅうには結局、まだ話がよくわかってなかったってことですかねえ~~w
ご教訓的なことは期待せず、ただただ楽しんでもらえればいいのかなとw

>りくたんママさん
ねえ~、結局物欲かと……
でも、物を買うには会社に行かねばいかんのだ、ということを学んでくれればいいかな、なんて。
りくたんも物欲ですか!?おもちゃがすきなのかな?ウフフ♪
  • 2007-06-07
  • 投稿者 : araia
  • URL
  • 編集

[C624]

自分の子が将来どういう方向を目指して進むのか、そして親としてはどう進んでくれるのを望んでいるのか・・・・ふと考えちゃいました。
勝ち組(強者)指向だって決して悪ではないと思うし、とはいえ苦しくとも弱者に手を差し延べる志を持ってほしいな・・・・とか、勝手なもんですね~。
まんじゅう君は、そのうちきっと「ちびっこ機関車を応援するんだ!」って言うと思うな。その素地になるモノをaraiaさんがたくさん与えていらっしゃるからね。
  • 2007-06-08
  • 投稿者 : みずパパ
  • URL
  • 編集

[C625]

>みずパパさん
揺れるところですよね~。理想と現実との狭間で。
ま、でも、親から見てそんなにガックリくる方には
行かないのではないかと、なんの根拠もないけど
思ってるんですけどね~。
いい素地与えてますかねー?!
インチキ人間の下地は与えてしまってるかも、と
冷や汗かきつつ思ってたりしますww
  • 2007-06-09
  • 投稿者 : araia
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://manjuubook.blog66.fc2.com/tb.php/241-f96e7862
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

それでも立派なのが好き ?「ちびっこきかんしゃ だいじょうぶ」

パパが大好きで、毎朝毎朝
"ぱぱ かいしゃ いかないで"
とゴネるまんじゅう。
今朝も会社行っちゃイヤ??!と半泣き。

ママ「……じゃあ、パパもう会社辞めちゃおうか!?」
パパ「辞めちゃいますか!? そしたらもう、ご本もオモチャもジュースも買えなくなるけど、いいね!?」

するとまんじゅう、明るい声で


"ぱぱ かいしゃ いって"


……だって。
さて、そんな物欲王子まんじゅうのもとに届いた1冊の絵本。
ちびっこきかんしゃだいじょうぶ / ワッティー・パイパー20070526004736.jpg

機関車が突然壊れた! 山の向こうの子どもたちに、おもちゃや美味しい食べ物を運ぼうとしていたのに。おもちゃたちは、通りかかった立派な機関車や大きな機関車に、自分たちを子どもたちのもとへ連れて行ってと頼む。しかし、ことごとくすげなく断られ、途方に暮れていると、ちびっこ機関車がやってくる。おもちゃたちの頼みに、「わたしは貨物をひいたこともないし、山を越えたこともないのよ……」。けれど彼らの真摯な願いに、ちびっこ機関車は"やってみよう"と決意。果たして山を越えられるのだろうか!?!?


アメリカの口承民話に基づいたというこの絵本。
なんだか立体感あふれる絵柄がとにかくカワイイ。
子どもたちへのプレゼントが、冒頭4ページ、見開きでドーンと描かれてる。
きょとんとした表情が愛くるしいお人形や、楽しげな乗り物などのおもちゃ、カラフルでおいしそうなお菓子や果物たち……(なぜかホウレンソウも……なんでじゃっ!)


“くるまやでんしゃの おもちゃがあって
いいごほんだねえ”


まずそこが肝心です、まんじゅう的には。
いやでも、おもちゃたちがキュートで、見てるだけで楽しくなるわけで。まんじゅうの気持ちもよくわかる。

そして機関車が壊れ、立派な機関車たちに断られ、どうなることかとハラハラしつつ、ちびっこ機関車が見事てっぺんまで登ったときには、おもちゃたちと一緒に
"やったーー!"
よかったね、よかったね、と繰り返すまんじゅう。
すっかり物語の世界に没頭しておった。

さて、とても教訓的なこのお話。
まんじゅうがちゃんと分かってるか気にしつつ、読み進めたつもり。
読み終わったところで
「いっぱい機関車が出てきたよね?
まんじゅうは、どれが好きだった?」

優しくて、素直で、頑張り屋のちびっこ機関車。
泣きそうに途方に暮れていた小さなおもちゃたちのために、未知なる世界に飛び込んでくれたちびっこ機関車。
山のてっぺんにたどりついたとき、まんじゅうも一緒に
"やったーー!"
と喜んだ、そんなちびっこ機関車。

それを選ぶかと思いきや

"りっぱな きかんしゃが すきー!"




そ、そうか。そうだね。
堂々たる体躯。つやつやと光るボディ。見たこともないような豪華な車両たちを引っ張るという栄誉ある仕事に就いている機関車。
小さき者たちの切なる思いを、あっさりと跳ね除ける強さ、むごさ。
それでもカッコええ、のかも知れない。

でかくて、びっかびかで、勢いがあって。
野郎ならそんな姿に憧れる、ってことか。
上を目指すことは悪いことじゃあないし。


まだまだ、本当の「かっこよさ」は分からんのかも知れん、まんじゅう2歳9ヶ月。
いつか大きくなったとき、僕はちびっこを応援する、とキッパリ言い放ってくれることを期待してみたり、しなかったり……。

ビミョーな気持ちになった母であった……。

5件のコメント

[C621]

 そっかぁ、立派な機関車の方が好きかぁ。
 大人でも見た目重視な人いますしね(私だ…)
 でもちびっこ機関車が山のてっぺんにたどり着いたときに「やったー」と喜んだまんじゅうくんですもの、ホントはわかっていそうですね♪
  • 2007-06-07
  • 投稿者 : けんた’sママ
  • URL
  • 編集

[C622]

まんじゅうくんは、パパさんが
大好きなんですねぇ。
やっぱ会社行かないで
そばにいて欲しいもんね!
でもそれより、物欲が勝って
しまうあたりが、子どもらしくて
いいですね★
うちのりくたんも、絶対
「パパ会社行って」
ですね~!!
物欲すごいもん(笑)
  • 2007-06-07
  • 投稿者 : りくたんママ
  • URL
  • 編集

[C623]

>けんた'sママさん
まんじゅうには結局、まだ話がよくわかってなかったってことですかねえ~~w
ご教訓的なことは期待せず、ただただ楽しんでもらえればいいのかなとw

>りくたんママさん
ねえ~、結局物欲かと……
でも、物を買うには会社に行かねばいかんのだ、ということを学んでくれればいいかな、なんて。
りくたんも物欲ですか!?おもちゃがすきなのかな?ウフフ♪
  • 2007-06-07
  • 投稿者 : araia
  • URL
  • 編集

[C624]

自分の子が将来どういう方向を目指して進むのか、そして親としてはどう進んでくれるのを望んでいるのか・・・・ふと考えちゃいました。
勝ち組(強者)指向だって決して悪ではないと思うし、とはいえ苦しくとも弱者に手を差し延べる志を持ってほしいな・・・・とか、勝手なもんですね~。
まんじゅう君は、そのうちきっと「ちびっこ機関車を応援するんだ!」って言うと思うな。その素地になるモノをaraiaさんがたくさん与えていらっしゃるからね。
  • 2007-06-08
  • 投稿者 : みずパパ
  • URL
  • 編集

[C625]

>みずパパさん
揺れるところですよね~。理想と現実との狭間で。
ま、でも、親から見てそんなにガックリくる方には
行かないのではないかと、なんの根拠もないけど
思ってるんですけどね~。
いい素地与えてますかねー?!
インチキ人間の下地は与えてしまってるかも、と
冷や汗かきつつ思ってたりしますww
  • 2007-06-09
  • 投稿者 : araia
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://manjuubook.blog66.fc2.com/tb.php/241-f96e7862
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

araia

Author:araia
araia→母。初めての子育てで七転八倒中。
まんじゅう→息子。平成16年8月生まれ。8歳!
パパ→父。息子を愛している。

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。