Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C68] こどものともだね

うちも赤ちゃん時代からとってるから、すっごい量の「こどものとも」があるよ。
正直、(自分の好み的に)当たり外れはあるけど、
自分では選ばないだろうジャンルの絵本が届いたりして、
絵本の幅が広がるきっかけをもらってます。

わたしもあるよー。
こういう衝撃的な出会いの絵本。
そのまま絶版になっちゃったけど、単行本として復活して欲しいものがあるんだよね。
福音館に直談判したいもん。

いいね、芸術祭。
洗練されてきてね。

月3000円。うちもそれくらい家計費から捻出しようかな。
  • 2006-09-07
  • 投稿者 : うっちゃん
  • URL
  • 編集

[C69] 絵本の出会いはいいよね…

>うっちゃんさん
赤ちゃんのときからって、本当に凄い量でしょうね!!!!
それこそちょっとしたライブラリーになってるのでは。
素晴らしいなあ~、うらやましい~~

芸術祭、今週末までなんだよね。行けるのか!?果たして!

本は必ずしも買わなくてもよいのではないかと
ふと思う今日この頃。
それこそ図書館で借りてきて、これはぜひ欲しい!って
ものを買うのがいいのかなと、私は逆に思ってます。
なんでも持ってればいいってもんじゃない、
身の回りに置くものをセレクトするのも大切なことかな
なんてね。
最近の自分達の生活を反省する意味でも
そんなふうに思っております。
  • 2006-09-07
  • 投稿者 : araia
  • URL
  • 編集

[C70] 同感!

ワタシも図書館で気の向くままたくさんの絵本を借りて、
たくさんの絵本にに触れて、
そのなかで手元に置いておきたい絵本だけ買うというのに賛成。
けど、結局どの本にも思い入れがあって、増えて言っちゃうんだよね。
絵本マジックにかかってるわ・・・。

この絵本、他のブロガーさんも取り上げてた・・・。
実物を見て見たいとおもったよ。
ちょっと福音館書店のHPで検索してみるっ!
  • 2006-09-08
  • 投稿者 : うっちゃん
  • URL
  • 編集

[C72]

絵本は子供向けと思われがちだけど
(私が思っていただけか?)
一つの立派な文学であり芸術ですからね。
夢中になるのも無理はない!

この本は「現代芸術と絵本の融合」(笑)なんで、
ぜひご一読を!

[C73]

ちなみに芸術祭はパパに却下されました(泣)

[C81]

v-352なんと、わたしも昨日この絵本をアップしたところでございますv-219
以前は毎月送ってもらっていたのですが、最近は書店で気に入ったもののみを購入するようにしました。
この絵、目に留まりますよねv-237
一目で気に入りましたv-10
なので、TBお願い致します
  • 2006-09-12
  • 投稿者 : アテナ
  • URL
  • 編集

[C83]

アテナさん
TBありがとうございます。
私も送らせてください。

目にとまりますよね~この表紙。
いつもとはちょっと違う感じ?
中身もまた素敵ですしね♪
  • 2006-09-12
  • 投稿者 : araia
  • URL
  • 編集

[C84]

TBありがとうございました。
また何かありましたら、お願い致します。
  • 2006-09-12
  • 投稿者 : アテナ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://manjuubook.blog66.fc2.com/tb.php/138-3061f132
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

不思議絵本の魅力?「たまのりひめ」

毎月のお楽しみ、福音館の定期購読が届いた。
生意気にも「こどものとも0.1.2」を卒業し、
今月から「こどものとも 年少版」にいたしました、
その最初の本がコチラ!
「たまのりひめ」こどものとも 年少版 2006年 10月号 [雑誌] /牡丹靖佳 作
20060905114033.jpg


いや正直、スゴい本がきちゃったなと思いました、
カアチャン。年少さんは違うね!
レトロモダンというかなんというか、(用語は分かりません!)
ものすごく素敵な絵柄ざんす!だまし絵のような妖しく
摩訶不思議な雰囲気の漂う誌面、しゃなりしゃなりと
たまのりひめがお供をひきつれて、お散歩に行くんです。
タマノリ国はあちこちに仕掛けがあって
それを見つけるのも面白い!
たまのりひめはというと、いきなり穴に落っこちるし、
出てきたときにはおかしなことになってるし、
お話自体も摩訶不思議!(そして爆笑!)
まんじゅうよりワシのほうがずっと興奮してました。
まんじゅうも
"こで、こで"
と喜んでましたがね。

作者は現代美術で活躍してる人なのだそうで。
美術に解釈とか説明を求めない幼い心に、
こういう作品はどんな風に映るのだろうと
非常に興味深いです。
まんじゅうと現代美術展に行ったら、面白いだろうな…
(あるいは「触っちゃダメ!!」を連呼するか)
母ことワシに、そっち方面の造詣がまるでないだけに、
こんな気にさせてくれた福音館に感謝であります。

とりあえずこんなのがあるので行ってみようかな?
遠いけど。

8件のコメント

[C68] こどものともだね

うちも赤ちゃん時代からとってるから、すっごい量の「こどものとも」があるよ。
正直、(自分の好み的に)当たり外れはあるけど、
自分では選ばないだろうジャンルの絵本が届いたりして、
絵本の幅が広がるきっかけをもらってます。

わたしもあるよー。
こういう衝撃的な出会いの絵本。
そのまま絶版になっちゃったけど、単行本として復活して欲しいものがあるんだよね。
福音館に直談判したいもん。

いいね、芸術祭。
洗練されてきてね。

月3000円。うちもそれくらい家計費から捻出しようかな。
  • 2006-09-07
  • 投稿者 : うっちゃん
  • URL
  • 編集

[C69] 絵本の出会いはいいよね…

>うっちゃんさん
赤ちゃんのときからって、本当に凄い量でしょうね!!!!
それこそちょっとしたライブラリーになってるのでは。
素晴らしいなあ~、うらやましい~~

芸術祭、今週末までなんだよね。行けるのか!?果たして!

本は必ずしも買わなくてもよいのではないかと
ふと思う今日この頃。
それこそ図書館で借りてきて、これはぜひ欲しい!って
ものを買うのがいいのかなと、私は逆に思ってます。
なんでも持ってればいいってもんじゃない、
身の回りに置くものをセレクトするのも大切なことかな
なんてね。
最近の自分達の生活を反省する意味でも
そんなふうに思っております。
  • 2006-09-07
  • 投稿者 : araia
  • URL
  • 編集

[C70] 同感!

ワタシも図書館で気の向くままたくさんの絵本を借りて、
たくさんの絵本にに触れて、
そのなかで手元に置いておきたい絵本だけ買うというのに賛成。
けど、結局どの本にも思い入れがあって、増えて言っちゃうんだよね。
絵本マジックにかかってるわ・・・。

この絵本、他のブロガーさんも取り上げてた・・・。
実物を見て見たいとおもったよ。
ちょっと福音館書店のHPで検索してみるっ!
  • 2006-09-08
  • 投稿者 : うっちゃん
  • URL
  • 編集

[C72]

絵本は子供向けと思われがちだけど
(私が思っていただけか?)
一つの立派な文学であり芸術ですからね。
夢中になるのも無理はない!

この本は「現代芸術と絵本の融合」(笑)なんで、
ぜひご一読を!

[C73]

ちなみに芸術祭はパパに却下されました(泣)

[C81]

v-352なんと、わたしも昨日この絵本をアップしたところでございますv-219
以前は毎月送ってもらっていたのですが、最近は書店で気に入ったもののみを購入するようにしました。
この絵、目に留まりますよねv-237
一目で気に入りましたv-10
なので、TBお願い致します
  • 2006-09-12
  • 投稿者 : アテナ
  • URL
  • 編集

[C83]

アテナさん
TBありがとうございます。
私も送らせてください。

目にとまりますよね~この表紙。
いつもとはちょっと違う感じ?
中身もまた素敵ですしね♪
  • 2006-09-12
  • 投稿者 : araia
  • URL
  • 編集

[C84]

TBありがとうございました。
また何かありましたら、お願い致します。
  • 2006-09-12
  • 投稿者 : アテナ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://manjuubook.blog66.fc2.com/tb.php/138-3061f132
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

araia

Author:araia
araia→母。初めての子育てで七転八倒中。
まんじゅう→息子。平成16年8月生まれ。8歳!
パパ→父。息子を愛している。

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。