Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マナー

まんじゅうに、同級生から電話がかかってきた。
何かを確認するために、一旦保留にする。
そして再び電話に出た際、

“お待たせしましたー”

とな。

母の電話の様子でも見て覚えたかな(笑)

でも切るときは、さよならも言わず受話器を置いたのであった。
母は挨拶ぐらいはするんだがのう。
スポンサーサイト

三国志

まんじゅうも小学生になったということで、絵本ばかりではなく、児童書のようなものも読むようになりました。
かいけつゾロリ、マジック・ツリーハウス、大どろぼうホッツェンプロッツ、エルマーの冒険などなど、順調におきまりのコースをたどっております。
その一方でマンガもどんどん読んでおり、そっちはいかがなものかと思っております。


ところで、先日、野球部の一つ上の学年のお子さんとお母さんと一緒に御飯を食べる機会がありました。
そのとき、そのお子さんが「三国志」にハマっていると聞かされました。

はて三国志、それは難しくはないのか?と尋ねたら、低学年向けのもあるとのこと。

それで探したら、パパが見つけました。


三国志―三国志演義 (子どものための世界文学の森 26)三国志―三国志演義 (子どものための世界文学の森 26)
(1995/03/23)
羅 貫中

商品詳細を見る


訳が読みやすく、2年生でもスラスラ読めます。
もう、まんじゅう超夢中!!!

本の後半になると“ああー、もうすぐ読み終わっちゃうー!”と悲鳴を上げ、読み終えたらしょんぼり(笑)

“本当に面白かったんだよー!もっと読みたかったなあ ”としきりに言っております。


だったらもう少し長いのを、と、さらに探してきました。


三国志1 (集英社みらい文庫)三国志1 (集英社みらい文庫)
(2011/04/05)
神楽坂 淳

商品詳細を見る


同じ集英社だから、同じようなテイストかなーと安易に選んだのですが、これまた大好評!
最初は“孔明の話が読みたいんだよ ”と少しぶつくさ言ってましたが、あっという間に取り込まれておりました。
これなら5巻まであるから、当分楽しめるな。

いやいや、三国志ということで探せば山のようにあるので、十分堪能できることでしょう。


ちなみに、パパとまんじゅうは“孔明はすごい!賢い!”と盛り上がっていたのですが、母は孔明は一休さんのようだ……などと思ってしまうダメ人間でした……。

面倒

まんじゅうが甘えて
“着替えさせてー”
などと言うので、
手を上げれば脇の下をくすぐり、
服を脱ぎかければおなかをくすぐり、
ズボンを脱げばおしりをつねり、足をくすぐりと
さんざんいたずらしたところ、

“もう!面倒臭い大人だよ!”

と言われてしまいました。
す、すみません。

Extra

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

araia

Author:araia
araia→母。初めての子育てで七転八倒中。
まんじゅう→息子。平成16年8月生まれ。8歳!
パパ→父。息子を愛している。

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。