Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流行遅れ対決

ラジオから、なんだっけ、「TOP OF THE WORLD」か何かが聞こえてきたので、「ふんふふ?ん」と口ずさんでいたら、まんじゅうが

“あのおんがく なにいってるか わからないよね???
「のーりーもーのー あつまれ??」みたいなのだったら
いいのにねえ”

こ、これね?



なんだか母をフォローするような口調だったのが気になりました。



幼稚園に行くと、いろんなことを覚えてくるよ???と、友人などからいろいろ聞かされてはおりましたが、まんじゅうさんにもそのような現象がやっぱり起こりました。

“かんけーねー かんけーねー
そんなの かんけーねー
って、おもしろいねえ”


そ、それは……(汗)

別に流行に流されることは構わないんだけどさ。
今じゃないでしょ。
小島よしお本人でさえ、次を模索しているというのに……


もっと印象の強いものを聞かせて、忘れさせねばと、母はこれを披露!
これのラップ部分!


10年前、いやもっと前か、必死で覚えてカラオケで披露したものでした(笑)

恐るべき母のラップ&踊りに、キャーキャー喜ぶまんじゅう。
息が上がるほど披露したあと、まんじゅうに「どう?」と尋ねたら


“まんじゅうちゃん おもしろいでしょ?”

そして再び、かんけーねー、かんけーねーと踊り始めたのでした……ガックシ。
やっぱ15年前のネタでは、21世紀には通用しないようです。
スポンサーサイト

飛行機に乗って ?「ちいさいひこうき」

うろ覚えなのですが。
大阪・伊丹空港の滑走路のすぐ近くに、そこに立っていると、今まさに着陸しようとする飛行機がモロ頭のすぐ上を通っていくっていう場所があるんですよ。かなりの迫力で相当面白い場所なんですね。
そんな場所のことをまんじゅうに話したところ

“ええ??っ!?
いたくなかった!?!?”


「痛い?なんで?」

“あたまのうえを とおるんでしょ??”

つむじをゴリゴリゴリっと!!!!
痛いじゃ済みませんっ!!!


そんな日本語の難しさを実感した会話は、調布飛行場へ向かう道中に繰り広げられたのでした。
なにゆえ飛行場へ行ったか。
それはここ、プロペラカフェへ行きたかったからです。

飛行場の中、滑走路のすぐ脇に、カフェがあるのです。小さな飛行場なので、飛行機の離発着がめちゃめちゃ近くで見られるのですよ。

NEC_1629.jpg
こんなところで。

NEC_1649.jpg
このような看板のさらに奥にあるので、気弱な人はたどり着けないかもしれません。我々もあと少しで諦めて帰るところでした(笑)

中は結構こぢんまりとしてまして、白を基調としたこぎれいな場所。で、びっくりするほど親子連れが多い!! 
我々はいちばん隅っこ、格納庫も滑走路も目の前という、かなりナイスなポイントに陣取りました。NEC_1630.jpgNEC_1639.jpg

ヘリも、セスナも初めて見るまんじゅう。
“あれなに!? あれなに!?”を連呼!
絵本や写真などで見てるはずなんだけど、いざ実物を見ると分かんないもんなんですね?。

滑走路では、飛行機が。
NEC_1638.jpg


食べ物もけっこう充実してましたし、なかなかイイところじゃーないですか!
まんじゅう的には、大好きなオムライスも
“おなかいっぱいだから いらない!”
と、ろくに口もつけず、窓にべったりへばりついておりました。
自動車や電車と違って、飛行機はめったに見られませんからね♪


店内には、フライトシュミレーターがあったり(この日は調整中で体験できませんでしたが)、グッズを売ってたりしてます。
NEC_1644.jpgNEC_1643.jpg


飛行機関連の絵本も売っているのです。
NEC_1641_20080526111925.jpgNEC_1642.jpg


まんじゅうは飛行機の模型も絵本も欲しがったのですが、最終的にこれをお土産にしました。
ちいさいひこうき―スモールさんの絵本 (世界傑作絵本シリーズ)ちいさいひこうき―スモールさんの絵本 (世界傑作絵本シリーズ)
(2005/02)
ロイス レンスキー

商品詳細を見る


スモールさんという男性が主人公の、乗り物シリーズ絵本なのです。他にも消防車とか、いくつかあります。乗り物の役目とか働き方とかが分かりやすく描かれた、70年ばかり前に出版された(日本では約30年前だそうです)ロングヒットの傑作なのです。

珍しい乗り物を間近で見られて、絵本まで買ってもらえて、まんじゅうは大喜び。
店を出て車に戻るまで、待ちきれないのです。
NEC_1647.jpg
やったー☆

NEC_1648.jpg
歩き読みはアブナイのでやめてください(笑)


これがきっかけで、「将来なりたいもの」が運転手さんから操縦士さんになったりするのかな?


で、おうちに帰って絵本を堪能してから、近ごろ大ハマりのブロック遊び。
もちろん飛行機を作ります。
NEC_1651.jpg
滑り台つき!!!
うしろには花も咲いております(笑)

NEC_1653.jpg

というわけで失礼しました???!

こんな日常

台風の影響で凄い雨風でしたね!

ここ。
NEC_1599.jpg
凄いぬかるみですね???

って、園庭ですよっ!!!! 宅のご子息の幼稚園の!


NEC_1600.jpg
むろん、水たまりにIN!!!

ふと見れば、園庭には泥色の子どもたちがあふれておるではないですか。
年中や年長のお兄さんお姉さんたちです。さ・す・が。
あの泥服は、どうやって洗濯したらキレイになるんでしょうな……(恐怖!)


ところで、まんじゅうがこんな絵を描いておりました。
NEC_1618.jpg
毒キノコではありません。

“おそとでね おべんとうたべるんだ
おにぎりがあってね??……”

お弁当の絵なのです。
そういや、まんじゅうたち、お弁当をグラウンドや園庭で食べてるらしいっす。お弁当箱に葉っぱが入ってて驚いたことがありました。
だからこんな絵を描くんだな、と。
毎日がピクニック感覚のようです。園生活、楽しんでるみたいですな。


まんじゅうさん考案のお弁当メニューは
・おにぎりはスッパーイ梅干しとメロン入り
・海苔
・メロン
・イチゴ

欲望弁当と命名させてもらいました(笑)

ちなみに上空には太陽と月。
月は母が勝手に描き加えたもので、めっちゃ怒られました(笑)

山遊び

先週末の話なのですが、まんじゅうと母とで、高尾山のほうの山奥に行ってきました。
いえ、幼稚園とは無関係です。
日頃あれだけ土にまみれてるのに、まだ行くか…………

行き先はDAIGOエコロジー村。炭焼きなどができる、山小屋的な場所です。
今日はここで、植林をして、炭焼きをして、ピザを焼いたりしようってな計画。
高尾駅でおりて、そこからマイクロバスに乗って約40分。山の中へずんずん、ずんずん進みます。

412607529_227.jpg
こーんな橋を渡って行きます。
15549538_12037513s.jpg
大きな荷物は、こんな木製ゴンドラ(でも電動)で川を渡して運ぶのです。
NEC_1571.jpg
山道に、まんじゅうのテンションも上がり気味!

NEC_1588.jpg
水は湧き水!!!冷たくて美味しい♪

この場所がですね、山の斜面の途中にあるんですよ。で、「水筒の水、飲みたいなー」とか「トイレ行こうー」だの、ちょっと移動するにも斜面を上り下りするわけ。
でさー、まんじゅうが山の中で嬉しいもんだから、も?、はしゃいじゃって走り回るわけですよっ!
けっこう急な斜面だし、火を使ったり刃物を使ってる人もいたりして危ないもんだから、母としてはヒヤヒヤしっ放し。追いかけて一緒に走り回ってしまいましたよ。後にそれが大惨事を招くとも知らずに。


まずは植樹。まんじゅうのと母のと、小梅を2本植えました。
NEC_1574.jpg
立ってるのもやっとの斜面に、穴掘って木を植えて。
NEC_1576.jpg
5年も経つと実がなるそうです。
5年後っていったら小学生ですね、まんじゅう。
今はひょろひょろのこの木もまんじゅうも、たくましくなっておるのでしょうか。


植樹の後は、お食事。他の方々が作ってくださったピザをいただきます。
NEC_1582.jpg
空腹のあまり、窯の前で待ち構えるまんじゅう!しきりに
“はやくたべたーい”“おなかすいたー!”
騒ぐまんじゅう。トホホホ。
焼けたら焼けたで、ピザにかぶりつき!
NEC_1583.jpg
それまではママ、ママと引っ付いていたのに、もー母がどこにいようが知ったこっちゃないご様子。
いやあ、食の王は健在ですよホンマ。
ピザの横ではお肉やウインナーの燻製を作ってるんですけど、そっちにもがっついておられたようで、他のお仕事をしてて何も食べてない母のところに、お肉の切れ端を持ってきてくれました。偉い!

ピザ焼きのおじさんに“おかあさんが おなかがすいてるので ぴざをください”だって(笑)
知らぬ間に成長したのうwwwwww

にしても屋外での食事って、なんであんなに美味しいんでしょうね?


食事の後は、炭焼き窯の見学。
NEC_1591.jpg
中に入ってみたりして。
お土産に竹炭をいただきました♪

それから、そこに1歳上の女の子が来てたんですけど、最初はいがみあってたのに、いつの間にか一緒に遊んでました。
NEC_1597.jpg



とまあ、あれこれ体験した長い一日、まんじゅうも母も泥だらけになりました。
まんじゅうは一瞬寝たのですが、家に着いてからはあっという間に復活。底知れぬパワーに怯えました。


そして母に大惨事。


ふくらはぎから太もも裏にかけて、 物凄い筋肉痛!!

山を甘く見てはいけませんでした!

夢の中へ ?「しゅっぱつ しんこう!」

子どもは誰でもそうだと思いますが、まんじゅうも遊ぶのが大好き。
もーその集中っぷりたるや、ごはんだのお風呂だのお買い物だので中断するのが忍びないほど。
いやほんと、一度でいいから一切邪魔せずに、朝から晩まで好きなだけ遊ばせてみたい。ご飯の時間も寝る時間も気にせずに。……歯磨きだけはせねばね。


まんじゅう自身もそんなふうに思うのだろうか、晩ごはんを食べながら、半分すねながら話し出した。

“まんじゅうね、ねるのがいやなんだ……
だって、ねると あそべないんだもん”

「あれ?だって、寝ると夢の国で遊べるじゃん?」

“ゆめのくに?”

「夢の国に行くと、まんじゅう、運転手さんになって電車を運転できるんだよ??!」

それはですね、こちらがネタなんです。
ehon4415.jpg
しゅっぱつ しんこう! (のりものえほん (10))
(作・三田村信行/絵・柿本幸造/小峰書店)

電車が大好きで、寝るときも枕元に置いて寝るという、ゆたかくん。ある晩、ふと目を覚ますと、電車がない。探しに行くとナゾの階段があって、おりていくとプラットフォーム!そして、ゆたかくんは運転手さんに !!
乗り物好きの男児たちの、まさにドリームが詰め込まれた、夢の1冊なのである。


「で、最初に停まった駅がくだもの駅でねえ、バナナとかイチゴとか食べ放題で、いろんなジュースがたくさん置いてあって……」

しょんぼりしていたまんじゅうが、見る見るうちに顔を輝かす。それはそれは見事な笑顔になる。座っていられなくて飛び上がる!

その様子がおかしいやら嬉しいやらで、調子に乗る母。
「その次の駅はねー、おもちゃ駅なんだよ??。プラレールとか、物凄くいっぱいあるんだよ、中央線も総武線も東西線も、全部あるんだよ?!車掌さんはネコちゃんなんだよ!」

きゃーーーっと悲鳴をあげるまんじゅう(笑)
“ぷられーる、ちかはあるのかなー!?”
“おかしのえきも あるの!?”
“うんてんせきには わいぱーもあるのかな!?”
夢の世界ならなんでもアリだし、と安易に、あるよあるよ、大丈夫だよと請け合う母。
まんじゅうは、リュックにオモチャを詰め込んで、夢の国に遊びに行く準備をなさっておられる。
“はやく ねたーーーい!
はみがきして おふろはいらないで ごほんもみじかいの1さつだけで はやくねたーーいっ!”
お風呂に入らないと悪い夢見るよ!と諭しました(笑)

お風呂にて、
“しゃしょうの ねこちゃんは どこにいるの?”
「夢の世界の入り口で、まんじゅうのことを待ってるんだよ」

それからは、「夢の入り口」にいるはずのネコちゃんに向かって“いま おふろはいってるからねー!”“きょうは ごほんは みじかいのにするからねー”と叫びまくっておられる。
まずい、テンション上げ過ぎてしまった(笑)

も??楽しみで楽しみで仕方ない様子のまんじゅう。
早く寝るっていったって、布団に入ってもなかなか眠れません(笑)
「夢の国のことはね、起きると忘れちゃうんだよ」って予防線を張っておきましたが(笑)ステキな夢を見てるかなあ?!?

今頃、運転席に座って食べたいだけ果物を食べてるといいなあ、まんじゅう。

遠足です

20080515162219
オリエンテーリングをしました。けっこう急な斜面ですが、この中に園長先生が潜んでいます。
見つけたらスタンプがもらえるぞ、頑張れ!

……なんてサバイバルな。

贈り物

去る5月11日。
わたくし、腰痛持ちなんで、カイロに行ってまいりました。
その間、まんじゅうとパパは、じじばば宅へ遊びに。

帰宅すると、誰もいない居間のテーブルに。

NEC_1547.jpg

まんじゅうから花とメッセージが。いつもありがとう、ですってさ。
ふふふふ♪
腰痛も一気に吹き飛びました。


そして今日、幼稚園でも母の日行事があったのです。
お迎え時間より30分ばかり早く行き、お母さん方が教室に入ると。
すると子どもたちからプレゼントをいただける、というわけです。

子どもたち、練習したんでしょうけど、いざ本番となると照れちゃったりテンション上がっちゃったり、セリフを忘れちゃったり、はしゃいじゃったり……まともにプレゼントを渡せた子はあんまりいなかったんですけどね。
でも、当たり前ですが、そんなことどうでもいいんです。
どのお母さんも嬉しそうでした。むろんワタクシも。

そのプレゼントってのがこちら。
NEC_1543_20080513013136.jpg

まんじゅうたちが、園のグラウンドで摘んできたお花。
……はっ、これはもしや、先日母たちがテンプラにした草花のお仲間では……いやいやいやいやっ、母はこれを摘む子どもたちの愛らしく微笑ましい姿を思い浮かべて、そのお味の思い出を脳裏から押し出したのでありました(笑)


“まま、ありがとう”だってさ。こちらこそ「ありがとう」ですよ、ホント。

近況

ふと部屋の隅を見ると。
NEC_1543.jpg
ん?なんか貼ってある。




NEC_1544.jpg
お知らせ……

まんじゅうさんの仕業でした。
“ふくろうちゃんがかわいいんだよ???”
うーむ。
どこにアイドルキャラが潜んでるか、油断できないもんですな。


さて、連休中、まんじゅうは熱を出しまして。疲れが出たんでしょうね。
その熱が下がったと思ったら、今度は母が発熱です。油断したもんだな。
咳が出るので、大根のハチミツ漬け汁をすすっております。咳、とまりまっせ。オススメ。
まんじゅうが咳が出た時に飲ませたのですが、甘くて美味しくて、もっと飲みたかったのでしょう。
“えほっ うええーほっ!”
と、無理矢理、咳をひねり出しておりました(笑)ノド痛めるって(笑)


そんなワル知恵が働くようになったまんじゅう。
実際のところ、幼稚園に行くようになって、言うことがどんどん変わっていっております。

母がチラシを見て、「へー、フィリピンバナナ・ツアーだって。いいねえ、行ってみたいね?」と言うと、
“ええ?、やだよー!”

意外な答えで、なんで?と聞くと

“ばななが ぴりぴり するんでしょ?”


ピリピリバナナツアー……
なかなかいい聞き間違いです。


今週末には親子遠足が。
それまでには風邪を治しておきたいと思います……

危機管理

ご飯時。
海苔に醤油をつけて、モリモリ食べるまんじゅうに、「ごはんと一緒に食べるんだよ」と言うと

“のりに しょうゆをつけると あまいんだよ??
こうやって あまくすると
こころが わくわくするの??”

小さな子どもの、小さな幸せ。
母の心もワクワクします(笑)


さて、日々てこてこと元気に通っております、幼稚園。
登園風景
家から近いので、徒歩通園です。
途中、横断歩道をわたったりするので、ついでに交通ルールを教えたり、もひとつついでに災害時の逃げ方を教えたりもします。地震の時は、このブロック塀に近づいちゃだめだよ、崩れるかもしれないからね、とか。

そんな「いざという時」マニュアルが高じて、「もしも二人だけのとき、ママが倒れたら」の話をしました。
うちのパパはいつも帰宅時刻が遅いので、家で二人の時間が長いのです。

「まんじゅう、もしママが倒れたらどうするんだっけ?」
“まま???って よぶ”
「それでも起きなかったら?」
“おうちのそとにでて おとなりの いえにいって
おばちゃんを よんでくる”
「じゃあ、もしもお隣のおばちゃんがいなかったら?」
母としては、反対側の隣のおうちに行けってことを教えたかったのですが……

“なにか かたいもので ままを たたく”
「(やめろ!)物で人を叩いちゃダメだよ。それでも起きなかったら?」
“おおきな こえで……”
隣を呼ぶのかな、と思いきや
“ばいばい っていう”
「なんで?」
“そしたら ままが あわてて おきるかなって”

……ふはははは。
そのほか、まんじゅうの回答は

“しーる ぺたぺた はる”
“ととろに たすけてもらう”
“めい と さつきに おねがいする”

どうしても「反対のおうちに行く」と言わせたくて、それでも起きなかったら、それでも起きなかったら、と言い続けていたら、ふいにまんじゅう、母のもとにすり寄ってきて

“……まま まんじゅうをひとりに しないでね”

ちょっと半べそ気味っ!
ごごごごご、ごめんよーーーーっ!!!!

大丈夫大丈夫、ママは絶対倒れたりしないからね、と、ひたすら言い続けたのでした。
大反省です……トホホホホホ。
かなり悪趣味でした、母。

危機管理教育もいいけれど、その前に常に母が健康であらねばな、と思ったのでありました。

Extra

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

araia

Author:araia
araia→母。初めての子育てで七転八倒中。
まんじゅう→息子。平成16年8月生まれ。8歳!
パパ→父。息子を愛している。

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。