Entries

お花見

桜の季節ですね♪
油断してるとすぐ散っちゃうからと、慌ててお花見に出かけました。

桜7
曇り空なのがちと残念ですが、見事咲きそろって桜のトンネルができてます。

桜2桜3
すっかり満開!

これだけの桜が咲いておりながら、見物客が少ないと思いませんか?

桜4
そうなんです、ここ、学校なんですよ。
三鷹市にある、国際基督教大学というところ。

平日でしたけど、学校は春休みで学生さんはあまりいず、かわりにチビッ子連れのグループがけっこういたりして、なんだか公園状態。お花見しているおじさんおばさんたちのグループなんかもありました。

桜8
こぢんまりとした芝生の校庭にちょっとした丘があって、まんじゅう、上へ下へと走り回ったり転げ回ったり。
枯れた芝草がちくちくするーっと、あっという間に裸足になっておりました。

NEC_1427.jpg
木に登ってみたり。
最初は“のぼれないよ??”と尻込みしていたのですが、
NEC_1428.jpg
“なにこれっ!かぶとむしだよっ!!”
よくよく見たら、おもちゃのカブトムシでしたがね。
すかさず、「このカブトムシの秘密は、この木のてっぺんに隠されているのだ」などと言うと
NEC_1425.jpg
“のぼるーっ”

途中、張り出していた枝でほっぺをひっかいたら
“ひみつをまもろうとして
きがじゃましたんだー!”

ちょっとしたインディ・ジョーンズですな。

もちろんてっぺんまで登れるはずはなかったのですが
いつかきっと!と決意を新たにしておられました、まんじゅうさん。


春休み中の校舎からはオーケストラの練習が聞こえてきたり、校庭で何やらダンスの練習をしてる学生さんたちがいたり。
その中で伸び伸び遊ぶチビッ子ども。
大人も子どももユル?い感じで、春の日を楽しんでおりました。

鉄道博物館 番外編 ?目線?

番外も何もありませんが。鉄道博物館にて、まんじゅうが撮影した写真群など……成長の記録です記録!


まんじゅう写真1まんじゅう写真2
まんじゅう写真5まんじゅう写真3
まんじゅう写真6まんじゅう写真4


静あり、動あり、なかなかエエ写真じゃーないですか(爆笑)


写真とは関係ありませんが、まんじゅうと顔の話をしていて。
“ままは めが おおきいの?ちいさいの?”
と聞くので、「どっちかというと小さいなあ」とションボリと言ったら、虫メガネを渡されました。
“みてごらん”と言うので覗いたら、
“ほ?ら、おおきくなったよ!”
だってさ!

今日はお風呂場で、「これがなあ……」とお腹を掴んでボヤいていたら
“ままの おなか、かっこいいねー!”

まんじゅうの目線、なかなかあなどれません(笑)
まとまりのない内容で失礼しました!

鉄道博物館2

鉄道博物館のつづきです。(どこが「明日」だという……)

その前に、まんじゅうの大大大好きな、体操教室の先生が、なんと本日を以って寿退社とのこと。
教室後、まんじゅう、何と言ってよいのか分からないながら、先生のそばに行ったのでした。
握手して、写真撮る?と聞いたら“しゃしんはいい”とのことでした。明日があるさ、まんじゅう!


さて、鉄道博物館。
実は2日続けて行ったんですよっ!初日、お昼頃に着いたもんで堪能しきれなかったもので。
初日はミニ新幹線といろいろの客車、そしてキッズルームを楽しみました(笑)
NEC_1391.jpg
案の定プラレール!
NEC_1396.jpg
駅、多すぎね?

2日目は、初日断念したシミュレーター狙い!山手線やら東海道線やら、はてはD-51まで、バーチャル運転体験ができるのです。でも、どれもこれもムチャクチャ並ぶんですけどね(涙)

中でも偉業を成し遂げたなーってのがD-51!これ、我々が行った時は、午前と午後で各10人ぐらいしか体験できないというレアものだったのです!! むろんそのチケットを得るのに凄い並びました。
まんじゅうに機関車を運転させてあげたくてね。

だがしかし……事前に調べなかったのが悪いんですが、運転できるのが「中学生以上」!
というわけでなぜか母が運転手さんになる羽目に……いらんのです、そんなの!
まんじゅうは石炭係!
石炭係
汽笛も鳴らさせてもらいました♪
D-51の運転、山手線のなんかより遥かに複雑で面白かったです(テヘ)
ちなみに、運転の際、軍手を渡され、それをはめてプレイするのですが、その軍手は何と「お持ち帰りください」と……
NEC_1406.jpg
なにそれ!?!?

それから、鉄道の「仕組み」の部分、なぜ動くのかとか、どのように安全運行されてるのかといったことを、模型などを使って体験学習できるラーニングゾーンという部屋へ。
安全装置しくみ

見たり、乗ったり、体験したりと、たっぷり楽しめたのでした。

次回はミニ運転列車にぜひ乗りたいなあと。
ママ写真
↑まんじゅう撮影。なかなかお上手で。

鉄道博物館 1

春休みに入る前に、そしてまんじゅうが幼稚園に上がる前にとドタバタする日々。
今日は鉄道博物館に行ってきました。
平日だから空いてるだろう、と出かけたのです。

NEC_1362.jpg
おお、室内に客車が!

ヒストリーゾーンというエリア、機関車第1号から始まり、懐かしの客車たちがずらり陳列されてます。
車内に入れるものもあり、さらに、車内で飲食ができるものまでも!! (お酒はだめなんですけどね)
NEC_1370.jpgNEC_1387.jpg
3台ぐらい飲食可能の列車があって、各車でオヤツをいただくまんじゅう(笑)

運転シミュレータや、運転体験のできるチビッ子電車があったんだけど、残念ながら予約が取れず(涙)。でもミニシャトルに乗れたので、まあ良しとしましょう。
NEC_1378.jpg
ちっちゃい、20人ぐらいしか乗れない新幹線!
30分ぐらい並んだんだけど、あっという間だったけど、まんじゅう大喜びでした!

この話、明日に続きますw


追記を表示

代々木公園

自転車に乗って公園の脇を通ったら、まんじゅうがふいに笑い出したのです。
なんで?と聞いたら、
“このまえ しろいふくの おにいちゃんが
こうえんのここから でてきたなあって
でぐちじゃないのに でてきたから
おかしかったなあって”
と、心底おかしそうに笑ってるのです。
母にはなんのことやらさっぱり分かりませんでしたが、そうか、思い出し笑いができるようになったのか……と感慨深いものがありました(笑)

もう一つ感慨深いといえば。
やっぱり自転車に乗ってるとき、前に乗ってるまんじゅうがふいに振り向いて
“だいすき!”
わあ、うれしいなあ?と返したら
“だいすき、だいすき、だいすき、だいすく、
だいすく、だいふく……だいふく!”
ギャッハッハーー!だそうです。
何それ!!


このところ、体操教室→お弁当→代々木公園というのが定番コースの毎週火曜日。今日も行ってまいりました。
ほんとは母は、カラスは多いしゴミだらけだし、住所不定な方々がそこここでお休みになられてて騒ぐのが申し訳ない感じな代々木公園より、有料でもキレイで安全で落ち着いた新宿御苑のほうが好きなんだけど、まんじゅうは断固代々木公園派。


なぜならあそこは「練習」してる人たちがいっぱいいるから。
ラテンパーカッション、ジェンベ、ジャグリングやらタップやら、シタールやらギターやら。お芝居の練習、アフリカンダンス、ああキリがない。普段は見られない様々なものがそこここで見られるってんで、まんじゅうはここが大好きなのです。




かすかに相撲の出囃子のようなものが聞こえますが、あれはたぶんコンガかなんか。
まんじゅう、棒を振り回しながら踊りまくってます(笑)

すっかりテンションの上がったまんじゅう、棒をハンドルに園内を走りまくり。
“きゅうきゅうしゃ とおりまーーす!”
走る、走る!

おや?
NEC_1358.jpg
頭の上に小石が。

“これ? きゅうきゅうしゃのやねの
らんぷなの”
NEC_1359.jpg
おお、まんじゅうは運転手さんでなく救急車そのものでしたか……

まんじゅうにとって、ここは一日いても飽きない場所なのです。

NEC_1360.jpg
“ままのぶんも もってきたよ??!”

そいつはいりませぬ……

嵐の乗り物三昧

今日は久々の雨でしたね。しかも風も強くって。

NEC_1328.jpg
窓も激しく雨の滴だらけ。

NEC_1334.jpg
乗ってます。

……観覧車に。
NEC_1333.jpg
風がごーごーと吹くたびに、ゴンドラがユラッ、ユラッと揺れるんですよっ!!
キャーーーッ!


ほんとはね、最初は、水族館に行ったんですよ。しながわ水族館。
雨も降ってたしね。
NEC_1289.jpg
魚!

ちなみに、しながわ水族館、大井町駅からシャトルバスが出てるんですけど、平日はこれが1時間に1本!大井町駅で降りた我々が目にしたのは、その1本がとっくに出発してしまったバス停。とんだトラップです。

それはともかく、水族館に行ったら、なんと水上バスの乗り場がすぐ近く!
まんじゅう氏、もはや水族館より船に気を取られちゃってねえ。

NEC_1293.jpg
かの有名な天井水槽も駆け足。

NEC_1292.jpg
くらげはチェック。

NEC_1296.jpg
いるかショーはちゃんと見て、そそくさと桟橋へGO!
実際1時間いなかったっす……。

水上バスを乗り継いで、お台場パレットタウンへ。
NEC_1298.jpgNEC_1315.jpg
こじゃれた船に乗って。
NEC_1301.jpg
波が荒いのなんの!!

ちなみに服装が今日一日の中で違いますが、この荒波をかぶってずぶ濡れになったからです!
ノォッ!

パレットタウンについたら
NEC_1317.jpgNEC_1322.jpg
NEC_1323.jpgNEC_1324.jpg
結局、乗り物三昧でした。

で、帰ろうとしたら


“あれに のってから かえろう!”


というわけで最初の観覧車に乗ったというわけなのでした。

いや???、あざらしくん会いそびれちゃったけど、たくさん乗り物乗れたからいい……かな?

女子との付き合い方

絵本「こんとあき」が大好きなまんじゅう。
ここのところ、母のことを “あき” と呼んでいた。
母を、好きな女性の名前で呼ぶ変な習性の持ち主、まんじゅう。
ちなみに年明け頃は“やじませんせい”と呼ばれてました、母。

それはともかく、昨日から呼び名が変わりました。
“ままが あきだったけど
いまから あやめちゃんなの”

あやめちゃん(仮)になりました。
なぜなら、あやめちゃんたちと「イチゴ狩りバスツアー」に参加してきたから。

ちなみに去年も行ったツアーなもんで(このとおり
NEC_1258.jpg
イチゴの部分は割愛して(笑)
だって去年とおんなじなんだもん。

去年と違うのは、今年は例の月1メンバーで行ったということ。
暴れたい盛りの3歳男児4人にヒメ1人。ヒメはともかく、男児が果たしてバス旅に耐えられるのかという不安もありました。そして不安は的中しました(泣)ま、それは想定内ということで目をつぶって(笑)

今回、あやめちゃんがね?、実に積極的に“まんじゅうちゃん、まんじゅうちゃん”と接してくれてねえ?
NEC_1264.jpg
バスも一緒に乗ってね。
NEC_1265.jpg
座席でも一緒に遊んでね。
NEC_1269.jpg
一緒にイルカショー見てね。
NEC_1273.jpg
二人でドライブしてね。
おデートだね、すっかりおデート
他の子が割り込んできても、二人して阻止したりして(笑)
仲いいねえ?と、
あやめちゃんのママと、微笑ましく見守っておりました。……ら。

バスの中で。
あやめちゃんがまんじゅうの雑誌「めばえ」を「見せて?」
するとまんじゅうが

“だめ!!”

ええっ!?

あやめちゃんがいっくら言ってもダメの一点張り。あやめちゃんはふくれて別の席に移ってしまいました。おいおいおいおいおいおい!
全く意味がわかりませんでした。


帰宅後。
なんであやめちゃんに雑誌見せてあげなかったの???と問い詰めると
“だって まんじゅうの ごほんだもん!”

……う??ん、そういうもん?

幼稚園入ったら、もうちょっと勉強せいや……。

アートなライフ

まんじゅうが突然“かんらんしゃにのりたーい!”というので、東京ドームの観覧車に乗りました(そっちの方に行く用事もあったし)。

ビルの5階に設置された観覧車、一番上まで行くとさすがに高い!
すぐ脇をジェットコースターが絶叫と共に通り抜けていくし(笑)
NEC_1248.jpg
トシでしょうか、母、ちょっと怖かったです。昔は全然ヘーキだったのに。
そんなビビリの母をよそに、まんじゅう、

“このかんらんしゃ まどがあってよかったねえ”

確かに窓のない観覧車なんて、微妙に動くただの個室ですな……。


さて、近ごろますます独創性に磨きのかかるまんじゅう氏。
物心のつく直前って感じの、独特の視点が興味深いです。
たとえばコレ。
NEC_1093.jpg
えーと、なんだったかな……

ある日、ふと部屋を見ると
NEC_1229.jpg
何やら妙なものが電灯からぶら下がっておった。

NEC_1228.jpg
よく見たら、お守りだった……

もちろん、この方が。
NEC_1236.jpg
ちなみに身にまとっておられるのは、母のチュニックだ。タンスを漁って見つけ出し、カワイイから着たいと言い、これを着て外出すると強く主張。外出は必死でご遠慮願いましたが。

で、何やら動き回ってるんだけど、妙にやかましいな?と見たら。
NEC_1233.jpg
すそにいろんなものが!!ハンガーに人形に、ハンガー!

“これ つけたくて つけたんだ?”

嬉しそうにガシャガシャいわせながら部屋を歩き回っている。
うーむ、家具にひっかけて転んだりしないように……

で、居間に長い物差しが置きっぱなしになっていたので、片付けようとしたら動かない!?
NEC_1237.jpg
わかりますか?テープで床に貼り付けてあるんですっ!
物差しの先には
NEC_1238.jpg
麦わら帽子が固定!

さらにちゃぶ台を見ると
NEC_1239.jpg
ハサミが固定!

で、部屋の隅には
NEC_1240.jpg
ブルドーザーがっ!

クリストという、イスから橋から建物から島まで、なんでも包んじゃうアーティストがおられますけど、彼を髣髴とさせてくれます。

幼子ってのは、アーティスティックですよね。つーか、アートってのが、いかに幼子の目線を再現するかってことなのかなと、子どもを見てるとしみじみ思います。

もう何べんもこのブログでご紹介してますけど、
ChildlensChildlens
(2003/04)
アクションパンチ

商品詳細を見る

5歳ぐらいまでの子どもたちが撮った写真がいっぱい載ってるんですね。
その作品を見てると、未来のホンマタカシや大森克己が、つーかむしろ彼らの原型が、ここにあるんだな?と。
ヘタに造形教室なんかに通わせるより、彼らの見ているものをそのまま認めてあげることのほうが、よっぽど感性を磨いて上げられるんではと思いました。


ところで、観覧車の話の続き。
ゴンドラの中にBGMを流す機械がついてて、まんじゅうが面白がって動かしたんですよ。
すると
サクラサクラ
(2008/02/06)
やなわらばー

商品詳細を見る
この曲が流れました。
あんまり日本語の曲には情が揺れない母なのですが、

「君に出会えたから 誰かを想う気持ちを」
「大切って何か知った」

「君が隣にいる それだけでとても嬉しい」

「二人がずっと一緒にいれますように」

などという歌詞に、不覚にもウルッと来てしまいました(笑)弱っ!
ああ、こうして平日の昼間に、気ままにまんじゅうと二人で遊び回るのも、4月までなんだな?、なんて。
近ごろよくそんなことをグジグジと思っちゃうもんでね。


とシンミリしてたら、まんじゅうが

“とめて
つまんないね このきょく”



未来のある者には、つまらない感傷なんか無用のようです。

恐れを知る ?「ぐりこえほん のっぺらぼう」

歯科医院の横を通ったとき、まんじゅうさんが。


“わあ?? いいにおい??”


病院に連れてったほうがいいですかね?


ところで、グリコのキャラメルに、「ぐりこえほん」というおまけがついているものがあるのはご存知ですか?
昔話や童話、各種図鑑や知育読み物など、バラエティ豊かな内容が、たった8ページほどにギユウッと凝縮された、強烈な絵本です。も?、物語なんかは「ダイジェスト」と言っても過言でないはしょりっぷり。
だけどこれが結構おもしろくて、我が家でもいっとき収集に精を出していました。

先日、寝る前に、久しぶりに読んだ、この1冊。

のっぺらぼう

もちろん、かの有名な「その顔は、こんなだったか??い??」っていう怪談物です。

何しろ小さくてダイジェストだし、絵柄はコミカルだし、ひょうきんな1冊なんだけど……

まんじゅうが真顔だ。“ままぁ? おてて つないでて?”

怖いらしい。

“このごほん いやなの?”

真剣に嫌がった挙げ句、

“そうだ!これ ぱぱに
かいしゃに もっていって もらおう!”

絵本を本棚の奥??の見えないところに隠し、いそいそと布団に潜る。

翌朝、起きるや否や、いの一番に

“ぱぱーっ!このほん かいしゃに
もってってほしいの!”

本当に言ってました。いや?、歯医者をいい匂いと口走る剛の者も、おばけは怖いんですねえ?。
2歳前のころには、この表紙を“ぺんぎん”と言って喜んでたのに。こんなふうに。

Extra

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

araia

Author:araia
araia→母。初めての子育てで七転八倒中。
まんじゅう→息子。平成16年8月生まれ。8歳!
パパ→父。息子を愛している。

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる