Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊かな表現 ?「光村ライブラリー」

お見苦しい話なんですけど。

ちょっとパパに文句を言いたいことがあって(といっても、ほとんど言いがかりなんですけどね)もーパパはほんとに……とブツクサブツクサ言ってたんです。まんじゅうのいるところで。
いけませんね、子どもの前で配偶者の悪口言っちゃ。(反省)

夜、パパが帰ってきまして。
すると、まんじゅう。にやにやして、私の唇を人差し指でツンツンつつきながら、

“まま ぱぱに なにかいいたいこと
あるんじゃないの????”


(°А°)……なに、その大人びた仕草、物言い!?
背中がムズムズしました…………


ところで、近ごろのヒット本。
光村ライブラリー〈第18巻〉おさるがふねをかきました ほか光村ライブラリー〈第18巻〉おさるがふねをかきました ほか
(2002/03)
まど みちお三井 ふたばこ

商品詳細を見る

光村図書の国語教科書に掲載されていた作品を集めたシリーズで、この18巻は詩集。子どもの頃は、小説のほうが面白くて、詩にはいまいち興味なかったワタクシですが、いま読んでみると、ほんっとーーにイイです!
絵本に通じるものがありますね。言葉数こそ少ないけれど、なんと豊かな世界が広がっていることか!
まど みちおさんや谷川俊太郎さんなどの作品をはじめ、「おさるがふねをかきました」「おなかのへるうた」「ゆずり葉」「雪」などなど、うっすらと覚えがあるようなないような名作がずらり勢ぞろい!
一作品が短いので、一緒に音読しているうちに、まんじゅうもいくつか覚えておりました。

建ちかけの家を見て
“ゆうがたには あかい かーてんを
きるんだね”
料理についてきたタンポポを見て
“さいているのは たんぽぽだが
ぼくは いったい だれだっけ”

などなどなど。借りてきた表現とはいえ、詩人の方々の並々ならぬ豊かな発想に触れることができる、ステキな1冊です。
これはオススメ。

そんなわけで、オチらしいオチもないのですが(いつもないけど)本日はこのへんで休ませていただきます……zzz
スポンサーサイト

もうすぐあの季節……

よく行く駅ビルのデパートに、恐ろしい場所があるんですよ。
NEC_0667.jpg
このような。

たまたまこの写真には写ってませんが、いつ行っても小さな男たちが群がっております。そして、ちょっと遠巻きに、死んだ魚の目をしたご婦人方がボヤ?ンと立ってます。

うちの小男も例に漏れません。
NEC_0665.jpg


夢中です。ほんとに夢中。

不思議なもんで、いろんな年齢の小僧どもが群れてると、小競り合いの一つでも起きそうなもんですが、決してそんなことないんですよね。私が見てないだけかもしれませんけど。

ところでそろそろ例の季節ですね。
父ちゃんが煙突を煤まみれで下りなきゃならないっていう。
皆様は贈り物を何にするか、決めましたか??

うちは、というか、私は超迷い中。
どうもこの頃、まんじゅうが店に行くっちゃー“これかって!”“かってくれなきゃやだーっ”と騒ぎましてね。
“まんじゅうは おもちゃがだいすきなの!”
だそうで、だからっていちいち買ってあげるわけじゃないんですけどね、それでも家の中おもちゃだらけ!
もっと、ひとつひとつを大事にしてほしいんだけどな?、というわけで、何をプレゼントするのか、そもそもプレゼントするのか、迷ってます。いや、あげないのも可哀相だけど。
う?ん、何を間違ったのかのう。

ららぽーと

20071125205339
携帯より。

某ららぽーとのキッズスペースにて。

この、とぼけた御方はどなた?
通常(?)の着ぐるみより背丈がないぶん、子供にはとっつきやすいのでしょうか。めちゃめちゃ人気でした。(もしかして人気キャラ?)
もちろん、まんじゅうもやたら気に入って、まとわりついてました。

ららぽーとのような大きなショッピングモールには滅多に行かないので、まんじゅうは走るは跳ねるは飛ぶはの大興奮、ちょっと大変でした(笑)

なんでも屋ではない ?「かさぶたくん」?

このような本がありまして。
かさぶたくん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん) かさぶたくん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
やぎゅう げんいちろう (2000/01)
福音館書店

詳細を見る

子どもの生活につきもの(?)のかさぶたについて、分かりやすく説明してる絵本なんですね。どうしてできるの、何でできてるの、できるとどうなるの、といったことを。
なんだか小学校の授業の記録、みたいな内容で「ぼく、鼻の下にできたことあるよ!」「わたしは膝こぞう!」「ぼく、かさぶた食べたことあるよ!ぎゃははは」……みたいな、小学生っぽ?いアホっぽさのテイストで彩られた、愉快な科学絵本なんですよ。
人の体の仕組みなんて、皮膚のなんたるかさえもよく理解してないまんじゅうでも、ゲラゲラ笑いながら楽しんでおりました。
かさぶたくんは、味方なんだね、みんなのことを守ってくれるんだね、なんて話したりして。

この本を読んで以降、ケガをするとビービー泣いてたまんじゅうが
“かさぶたく?ん、がんばって
わるいきん やっつけて!”
なんて傷口に向かって呼びかけるようになりました(笑)。
成長も促してくれた、なかなかイイ本でありますw

で、先日。
まんじゅうが、部屋の隅でなんだか膝を抱えて丸くなってるなと、近寄ってみると。


“かさぶたく?ん ちょこれーと ちょうだーい!
あと くっきーもね?!”


足のかさぶたに向かって頼んでおりました。
あ、厚かましー!

ディズニーランド

月曜日、例の月イチ仲間で集まりました。
今回はちょっとハデにやりました!
ディズニーランドに行ったのです?♪


で、この日のディズニーランドを漢字一文字で表すとすれば



ですかねー。


もー、とにっかく混んでましたっ
9時半にチケット売り場で20分待ち、入場したらバズ・ライトのファストパス(予約チケットみたいなもんですね)は21時30分から、プーさんのハニーハントのは既に終了、でした。
アトラクションもレストランもトイレも、ポップコーンの屋台でさえも長蛇の列!
人生で何度かここには来てますが、最も混んでいたと言えましょう。しかも寒いしさー
実は月曜と金曜は混むんだそうですよ。土日とあわせて休みを取られるんですな、皆さん。そこここで「なんで月曜なのに」とか「平日の意味ないじゃん」と言ったボヤキが聞かれました。
この時期、こんなだし。
NEC_0636.jpg


それでもなんとかパレードを見るのに最前列を確保してねえ……頑張ってるよ、私ら。
まんじゅう、ディズニーのパレードなんて初!ですよ。
NEC_0638.jpgNEC_0639.jpgNEC_0640.jpgNEC_0641.jpg
地蔵のように凝視!!(しかし、なんてダメな写真ばかりなんだ……)

NEC_0642.jpgNEC_0644.jpgNEC_0646.jpg
ミニーにドナルドに、ミッキー。
こういう、知ってるキャラがくると、嬉しそうにこちらを振り向いておりました。(それにしても、ダメな写真ばかりだ……)

そのあと、30分ほど並んでイッツ・ア・スモール・ワールドに乗りました(人生で最も長く並んだイッツ・ア?でした)。まんじゅう、やはり地蔵のように終始固まっており、下船の際にシミジミと

“これ たのしいねえ?
またのりたくなっちゃった”

とな。普通の日ならもう一回もアリなんだけどね……。

その後、キャッスル・カルーセルとマーク・トゥエイン号に乗り、お開きとなりました。いや?一日いてこれだけか……。ま、子どもたちは大変喜んでいたからいいんですけどね。
特にまんじゅう、おとぎの国はこれが2度目だから、右を見ても左を見ても目新しくて楽しくて、かえりたくなくなっちゃった?と、しきりに言ってました。
ちなみにお掃除の人にシール下さいって言うと、ミッキーかミニーのシールがもらえるんですよっ!!ご存知でした!? わしゃ知らんかったです。
NEC_0650.jpg
日も暮れて。

ところで先月、このように思いを寄せる女性・アヤメちゃん(仮)との間に強敵・ショウちゃん(仮)が現れ、その三角関係に母はやきもきしてたのだが。
この日、アヤメちゃんとまんじゅうが手を繋いでラブラブwしてたら、ショウちゃんが二人の繋いだ手を力ずくで引き離そうと!二人が離さずにいると、今度はまんじゅうのもう片方の手から母を引き剥がし、手を繋ぐ!
目当てはまんじゅう!? ( ゜з゜):;*.':;

やがて3人で手を繋ぎ、楽しげにクルクルとまわっておったのでした。
まだまだ無邪気じゃのう……。

コンサート

この週末はですね、育児サークル主催のコンサートに行ったんですよ、我が家。
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集 ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集
ジロー(パスカル) ハリム(アテフ) (2004/12/15)
ローヴィング・スピリッツ

この商品の詳細を見る

このようなCDなどを出しておられる、アテフ・ハリムさんという方のコンサートだったんです。
場所は慈雲山曼荼羅寺 観蔵院というお寺さん。お寺さんなんだけど美術館も併設しているという、素晴らしい場所でした。
今回は美術館部分はちょっとしか見られなかったんだけど、家から遠くもないし、改めて足を運びたいと思いました。

さて、コンサート。最初っから「赤ちゃんといっしょに」とうたっているもんで、実にアットホームな雰囲気。アテフさんも「赤ちゃんのいい匂いがする」なんて言ったりして。
演奏のほうはもちろん素晴らしく、メロウな曲でさえも演者の楽しんでる心が伝わってくるような、なんとも生き生きとして心躍る内容で。
あちこちで起こる赤ちゃんや子どもの泣き声や叫び声、走り回る音が、騒音でなくて「生きてる音」として聞こえるような、それはそれは楽しいひとときでした。
ドビュッシー「亜麻色の髪の乙女」やドヴォルザーク「ユモレスク」、山田耕筰「赤とんぼ」など、みんなが知ってる曲が多かったのも良かったです。

まんの字こと、まんじゅうはと言えば。


思わず体が踊りだしてますw
動きはどんどん激しくなり、ついに会場の外へ!
パパが後をつけてってくれたんで、ワタクシは甘えさせていただいて、アテフさんとピアノの音色にウットリさせてもらいました。

しばらくすると、まんじゅうが戻ってきて……
NEC_0624.jpg
 這っている!!!!

“まんじゅう つまんなくなっちゃった?”

だそうです。だから這うのか!?



家に帰って、まんじゅうと一緒にCDを聞きました。
つまんないと床を這い出すかと思いきや、母の膝の上でジーーーっと約1時間、聞き惚れておりました。
ヴァイオリンも気に入ったようで、いま、オモチャのウクレレを弾いたり振り回したり(!)走らせたり(!!)と、夢中になってます。
ふ?む、ヴァイオリンを習うのもいいかな……←バカ親。

新しい遊び

※写真のみ2点、ぽつーんと載ってた怪しいブログになってましたw
慌てて書き直しました。


20071117003715
 怪しい者ではありません。


今週はワタクシ、もっぱら激しく咳き込んでおります。皆様はどうぞお気をつけくださいませ!


さて、まんじゅうがボール遊びをしたい、というので、公園へ。
着くやいなや、まんじゅうが

“はい まま これ”


20071117003716
 

はい?


ポカーンとしてると、まんじゅうがじれったそうに

“こうするの!”

サランラップの芯をどこからか取り出し(!!)転がしたボールをそれで打つ!!

ははあ……(゜д°)
あ、スプーンでボールを転がす、と。

ちょっとクリケットにも似た、ニューゲームですな。

まんじゅうがやるならカワイイで済むんでしょうけどね?。
子どもの一生懸命の誘いより世間体を取ってしまったワタクシは、やっぱりダメ親でしょうか!?

携帯まんじゅう

まんじゅう、近ごろ電話友達ができたようだ。

“でんわ かかってくるから”
と、マイ携帯を離さない。もちろんお古の携帯。

誰からかかってくるの?と尋ねたら

“はだかのおじさん”


(´д`;)(´д`;)(´д`;)

電話がかかってきた、と、携帯を耳に当てる。しばらくして

“はだかのおじさん むかえにくるって

に、逃げねばならんかのう!?




買い物に行く途中。電話するから、と道端にしゃがみこむ。




このあとしばらく
“はい…はい…はい…”
と返事し続けたあと、
“わかりました しつれいしま?す”
と言って電話を切っておりました。

ちょっとサラリーマン風でした。

お友達との付き合い方

幼稚園、とりあえず入園手続きしてきました。
しかし、本当にいいのかな?なんて、心の奥底で未練たらしく思っておりました。すると。

今日の昼間、ベランダ越しにお隣のおばあちゃんとお話ししたまんじゅう。

おばあちゃん「幼稚園は決まったの?」
まんじゅう “まだ まよってるんです”

迷ってるのは私でキミではないハズなのだが、それにしても子どもって、恐ろしいぐらい親の気持ちを見抜きますねっ!
驚いてひっくり返りそうになりました。


入園手続きをしたあと、早く園に慣れるために遊びに来なさいと言われたんで、さっそく通っております。
今日は、同じ来春入園のおともだちと一緒に遊んだまんじゅう。
初対面なのに意気投合、追いかけっこをし、滑り台の上から一緒に「やっほー!」なんて、なかなかいい感じ。まんじゅう、
“おともだちと いるの
たのしいねえ”
なんて言ったりして。
二人ともとても楽しそう。

と思ったら。
突然、まんじゅうがお友達に向かって歌を歌いだす。
♪よ?く考えよ?、のメロディをもちっと単調にした感じで


“じーっと ねらってるぅ?
じーーっと ねらってるぅ?”



なんでそんな歌 !?!? (´д`;)
入園までに友達との付き合い方を教えないとイカンですかね、やはり?
お友達は面白がって一緒に歌ってましたけどね……。


帰宅後。
200711091158000.jpg
汚っ!
泥足越しの三白眼は、野生化したまんじゅうです。
この園、ホンマに首都圏か!?てなぐらい自然にあふれてて(ま、首都圏ったって、あちこちに畑があるようなハズレの方ですが)で、その環境を十二分に生かした保育内容なんですね。
遊具といったら太い木から荒縄が1本ぶらさがり、それに掴まってターザンごっこ、とか。切り倒した木が転がってて、登って遊べる、とか。
こんなお方もいます。
200711081110001.jpg
ぎゃっ!
園児たちは簡単に裸足になり、簡単に泥まみれになってるようで。なんでも卒園する頃には、他園の子と比べて明らかに足が太くなってるとかた、頼もしいもんです。
まんじゅう、誰に強制されたわけでもないのに勝手に裸足になって、落ち葉をワシャワシャ踏みしめながら走り回っておったのでした。
サル動物化する日も遠くないですよ……

強がり

子供の家の帰り。
お買い物行こうね?と何気なく言ったら、行かない、おうちで遊ぶ、とまんじゅう。
そりゃー困るよ、じゃーまんじゅうは一人でおうちにいる?なんて意地悪なことを言ってみたら、“いる”と言う。留守番してる、と頑なに言うのだ。

あまりにも言うので、んじゃー、お留守番しててね、と、いろいろ用意する。
おやつをたっぷり、お手拭とお茶などをこぼしちゃった時用にタオル。ピタゴラスイッチのDVDを見たいと言うのでプレーヤー。夕方なので薄暗くなった時用にトイレの電気はつけておく。ピンポーンって鳴っても出なくていいよ、電話も出なくていいよ、ママは4時半までには絶対帰ってくるからね、おうちから外に出ちゃだめだよ、etc...
まんじゅう、
“うん、うん、だいじょうぶ
わかったわかった”
と、お兄ちゃん顔。
何べんも「大丈夫?一緒に行く?」と聞くも、
“だいじょうぶだから”

じゃあ、ママ行くよ、とオヤツの皿をテーブルに置くと、もうそれに夢中!みかん、ヨーグルト、干しイチジクに裂きイカ。うっほうっほと食べている。
NEC_0602.jpg


ママ行くね、ともう一度声をかけると、“いってらっしゃ?い”と振り向きもしない。ひたすらモグモグ、モグモグ……


そして、玄関の戸をパタン、と閉めた瞬間。





“ぎゃーーっ ままーっ!!!!”



なんて予想通りな……

急いで中に入り、「まんじゅう!まんじゅう!」と声をかけると、なぜかピタゴラスイッチのDVDを手に、涙でぐしょぐしょの顔で突進してきた。

“さみしくなっちゃったの??”

だって。
で、結局いっしょに買い物に行ったのでした。
いやしかし、泣き声が聞こえてこなくても、心配で買い物なんて行けやしませんですよね?、奥様!

玄関で靴を履きながら、まんじゅう
“かえってきたら よーぐると あるから
たべるといいよ
ままのぶん ちゃんとあるからね”
とのことでありました。


追記を表示

幼稚園体験

まんじゅうは歌を作るのが好きです。
つい最近のヒットは

“ふしぎな? ちからが?
ちかづいて くる??”

……ムーディ勝山?

節回しは「ごっつええ感じ」の「ミラクルエースのテーマ」を単調にした感じでw


今日はですね、いつも行ってる子どもの家の幼稚園部を体験してきました。
(うち、まだ決めてないんざますよっ、奥様っ!!)
とにかくパワフルなお子さんが多くて、怒号飛び交う中、最初はおそるおそるだったまんじゅう。だけど、お兄ちゃんお姉ちゃんたちに何かと親切にしてもらってるうちに、だんだん馴染んで、お昼前の外遊びの時間にはみんなに混じって公園を爆走!
お弁当もいつもの倍ぐらい食べて、最後の絵本とお歌の時間には100年前から通ってるみたいな顔で、
“これ!これ よんで!”
なんて主張しちゃったりして、物凄く楽しんでおりました。

降園しても余韻が残っており、遊びに行った公園では猛烈なスピードで走り回る年上の子たちの後を追って走る走る!
ずっと前から友達みたいな顔で話しかけてみたりして、挙げ句、小学生のかなり大きいお兄ちゃんを

“てえ???い!”

と叫びながら追いかけ、お兄ちゃんを困惑させてました。

で、最後に。
テーブルに土足で上がって(す、すみません)ジャイアンリサイタル。
なんて言ってるか、わかるかな…………
“だっこ だっこ”
以降が「意味のある文」ですが……


わかんないほうがいいですね、ハハ、ハハハ。失礼しました。


帰宅後。
6時ごろご飯を食べながら眠くなり、かろうじて歯を磨いて寝巻きに着替え、コテンと眠ってしまいました。

幼稚園入ったら毎日こんなんかなあ。

夢の話

まんじゅうが考えた新しい遊び。
NEC_0585.jpg
棒で、頭をカンカン叩く遊びだそうです。
ヘルメットかぶってるとき限定。
脳震盪起こすなよ!

もう一つ。

“まんじゅう きょうから ひこうきくんって
なまえになるから”

え?

“ひこうきくんになったら たいそうきょうしつの
せんせい なんてよぶ?”

「ひこうきくん、じゃない?」

“えへへ? ひこうきくんに なりたいなあ”


まんじゅうの夢は果てしなく広がっております。


夢といえば。
NEC_0584.jpg
公園近くに止まっていた幼稚園バス。
まんじゅうが夢中にならないはずがない。
乗りたい、乗りたいとしきりに言うので
あれは○○幼稚園の子が乗るんだよ、と言ってきかすと
“○○ようちえんに はいりた??い”
と、ずーっと言ってました。

まんじゅうには言えませんが、入園候補の園にはいずれもバスはありません……。

Extra

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

araia

Author:araia
araia→母。初めての子育てで七転八倒中。
まんじゅう→息子。平成16年8月生まれ。8歳!
パパ→父。息子を愛している。

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。