Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしいとも! ?「ぼく おかあさんのこと…」

以前、うっちゃんさんのブログ「絵本日和」で紹介されていたのを読んで、読みたくて注文したのがやっと届きました。
(実に2ヶ月弱かかった……どないやねんア●ゾン!)
ぼく おかあさんのこと… ぼく おかあさんのこと…
酒井 駒子 (2000/05)
文溪堂
詳細を見る

うさぎの坊やがね、おかあさんキライっていうんですな。
寝ぼすけで怒りんぼうで、しかもボクとは結婚できないから。
だからキライ!もう出て行っちゃう!……とな。

坊やが出て行ったドアを見て、しょんぼり顔のお母さん。
そこに坊やが戻ってきて、おかあさんに
「ぼくにまた会えてうれしい?」

うれしいとも!と二人が抱き合う最後のページに、
まんじゅうは
"ぬえ?????っ"
と満足気な声を出す。(ぬえ!?)
坊やへの共感なのか、結末に安堵するからなのか。
それともお母さんが嬉しがるさまに喜んでるのか。
何度も何度も"もっかい"とせがむのである。


パパが仕事に行き、久しぶりに二人だけで
長い午後を過ごした。(突然ですが)
まんじゅうはワシを棚と壁の間のせま?い空間に招き、
(ちなみにそこはまんじゅうの秘密基地)

"あいす かってくるの いってきまーしゅ"

いってらっしゃーい、待ってるよ?、
どこにも行かないよ?とのん気に言うと、
まんじゅうは、どこぞで「アイス」を買ってきて

"まま いるから いかないから"

とニコリ。

何度も何度も行っては戻り、行っては戻りして、
ふとワシの隣に座ると、真剣な面持ちで

“まま いかないから ぱぱも じぃじも ばぁばも
しぇんしぇも ないの まんじゅうだけのなの”

たどたどしくも必死な口調のまんじゅう。



この春以降、まんじゅうと過ごす時間が激減した。
寂しいのはもちろん分かっているけれど、それでも、
じぃじやばぁばとたっぷり遊んで甘やかしてもらったり、
保育園で先生やお兄ちゃんお姉ちゃんたちに可愛がってもらったり
友達と呼ぶのも怪しいような友達ができたりして、
それなりに楽しんでもいるように見えたまんじゅう。
「まちゅしぇんしぇい、しゅき?(←好き)」なんて言ってみたり
園で教わった歌や遊びを披露してくれる姿に、
だんだん慣れてきたのかな、なんて浅はかにも思っていたのだった。


“ままは まんじゅう だけのなの”


こんな、髪はぼさぼさでメタボリックシンドロームな
ワシなんぞを、そんなにも必死に求めるのだな、
独占したいのだな、おまえさまは。



「うれしいとも!」でギューっと抱きしめる腕にも
つい力が入ってしまうのである。



と言いつつ、ひとり遊びをしていたまんじゅう、
ぽつりと

“あかえちゃん しゅきなの?”


誰ですって!?!? あかえちゃん!?!?
園のお友達!?!?!? ママは知らないわよっ!!!!
どこの馬の骨よーーーーーーっ!
スポンサーサイト

Extra

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

araia

Author:araia
araia→母。初めての子育てで七転八倒中。
まんじゅう→息子。平成16年8月生まれ。8歳!
パパ→父。息子を愛している。

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる