Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親バカにもほどがある!??「あいうえおのたんじょうび」

這えば立て、立てば歩めの親心、と言うじゃありませんか。
そろそろ文字を教えてもいいのかな……と気がはやるバカ親ことワシ。
ちょっと見せてみたのがコチラ。
あいうえおのたんじょうび―まうるとともだち〈1〉 あいうえおのたんじょうび―まうるとともだち〈1〉
やました こうへい (2004/05)
ソニーマガジンズ

詳細を見る

マウンテン・マウンテンというデザインユニット(なのかな?)の
メンバー、やましたこうへいの著作なんだけど、
なにしろ絵がバツグンにカワイイ!ポップ!ブライト!
この本は仕掛け絵本。文章はなくって、ページの中にある「タグ」を
ひっぱると、いろんなモノの名前が出てくるという仕組み。
楽しみながら言葉を覚えよう!というわけで。

で、やっぱりこの「引っ張る」という作業が楽しいし絵もかわいいしと
まんじゅうはお気に入りなのだ。

タグをひっぱり

“いーすっ”  お?

もう一つタグをひっぱり

“えーんーぴーつっ!”  おおっ??

さらにタグをひっぱって

“おーばーけっ!”  おおおっ??!

もういっちょ

“てーんーとーうーむーしっ!”

ちょっと!まんじゅう、読んでる!?!? 文字読んでる!?!?!?
ワタシの胸はドキドキし始めた。
字なんかろくに教えていないのに。
いつのまにこの子は………誰に似たのか、この子は天才かっ!?!?!?

と舞い上がったその時、

“ぶーーちゃんっ!”

ん?あったかいなそんなの、と、まんじゅうの掴んでるタグを見たら

「せなか」


はははははは。そりゃそうだ。タグをひっぱりながらモノの名前を
言ってただけだね、フツーに(笑)
この絵本のイラストが、非常に分かりやすいってことだよね。
言葉遊びの本だものね。

一瞬、お受験用のスーツを買わにゃならんかなと思ったワシの
バカバカバカバカ! 自分に吹き出してしまった…

まんじゅうは、文字を覚えるより前に覚えねばならないことが
山盛りあるもんね。
だんごむしを手のひらいっぱいに集めたり、
いそぎんちゃくに指つっこんで慌ててみたり、
ぬかるみで全身どろどろにしたりしなきゃならんもんね、
これからね。
スポンサーサイト

昨夜の寝言

深夜。

まんじゅうが

“もっとほしいーーー”
“もっとほしいの!”

と寝言を言った。
何が欲しいんだ?と思ってたら

“あかいみーー”

夕方、クコの実をあげたのだった。アレか。
夢に見るほどウマかったんですかね。渋い……

「もっとほしい」と言ってる相手は、やっぱワシかね。
「はいはい、あげましょうね」と言ってやってるのか
「もうおしまい!ムキーーーー!」と言ってるのか、
気になるところです。

おばけがいる?「おばけのこもりうた」

昨夜、まんじゅうは

"おばけだ"

と寝言を言ったそうです。(パパ談)

それとリンクしているのかいないのか知りませんが、
本日の寝本はこれ。
おばけのこもりうた おばけのこもりうた
せな けいこ (2003/07)
童心社

詳細を見る

ひとつ、ひとつめこぞうが おおあくび
ねんねんころりよ ねんねんよ


と、「おばけ」が登場する、ユーモラスな子守歌の絵本なのだ。
今のところ、せなけいこの絵本の中でしか
おばけに出会ったことのないまんじゅう。
だからたぶん、彼の中では「おばけ」とは愛くるしく親しみやすい
生き物ってことになってるハズ。
この本にも、大あくびする一つ目小僧や物干し竿にからまっちゃう
いったんもめん、やまたのおろちを寝かしつけるやまんば、
なんていうキュートなキャラがたくさん。
まんじゅうも

"こで、こで"
"ねむいのねえ"

と、しきりに指差して楽しんでる。
こうして、異形の者へも偏見なく親しみをもって
接してくれる人になってくれたらいいなあ、
なんてのは、期待しすぎにもほどがあるかな!?


ちなみに、保育園からの帰り道、まんじゅうが

"つきよ あった!"

というので見たら三日月が出ていた。
あ?、絵本の「つきよ」は三日月だったなあ。
まんじゅうの大好きな本(その話はコチラ)なもので、

"おうち かえったら よもうね"

なんて言ってたんだけど、耐えられなくて寝ちゃったね。
なにしろ昨夜、

"おばけだ"

の後に起き出して「クラリネットこわしちゃった」のCDを
聴かせろ聴かせろとゴネて大騒動だったもんね……午前1時。
寝なさいーーーーーっ!

世間の荒波にもまれてこい!

保育園にお迎えに行った。
延長保育の部屋をこ????っそり覗いたら、
まんじゅうは年中さんぐらいのお兄ちゃんに
遊んでもらっていた。

なんかお店屋さんごっこをしてるらしく、
フライパンを持ってお兄ちゃんのあとをついてまわっておる。
お兄ちゃんの真似をして何かのおもちゃをテーブルに置いたら
「お菓子は焼かないって言ってるでしょ!」と注意され、
なんのことか分からずポカーーーーーーン。
スパルタだな兄ちゃん(笑)

我が家では天皇扱いのまんじゅう。
社会の難しさ、厳しさをこうして学ぶことが出来て
ありがたいもんです、保育園(笑)

バラバラのカラダ ?「おこりんぼママ」

"かみ きらない このまま"
"あたま かゆかゆでいいの!"
とブーブー言うまんじゅう(@反抗期)を連れて
子供用美容院にいった(ていうか本当は街の散髪屋さん
みたいなところに行きたいんだけどね…なくってね)

美容院へと向かう車中で読んだのがコチラ。
おこりんぼママ おこりんぼママ
ユッタ バウアー (2000/11)
小学館

詳細を見る

ママに物凄く怒鳴られた子ペンギン。
ショックのあまり体がバラバラになって飛び散ってしまう。
足だけになってしまった子ペンギンが途方にくれていると、
ママがやってきて………

夕暮れ色のソフトな絵柄が、バラバラになった子ペンギンの
心情を能弁に語っていて、とても切ないお話です。
最後にママがバラバラの体を縫い合わせて
「ごめんね」と子ペンギンをギュッと抱きしめるところ、
読む声に実感がついついこもってしまうのが
ハハとしてはなんとも面映いところ。(ていうか反省)
母に叱られることがどれだけ子の心をバラバラにしてしまうのか、
痛いほど伝わる本です。
最後に子ペンギンが
「やっぱりママは最高さ」と言ってくれるのに救われます……

読み聞かせの最中、あーだこーだと口を挟みがちな
まんじゅうだけど、この本はじーっと聞いてます。
そして、子ペンギンがママに元通りにしてもらうところで

"よかったね"

と言います。
まんじゅうがバラバラになったとき、
ママはちゃんと元通りに縫い合わせてるかね?


美容院では超短髪にしてもらいました。
似合うよ??カワイイよ???とさんざん褒めたら
にっこにこして

"かみ きったね かゆかゆ やあねえ"

だってさ。
やっぱカユカユはいやだよね!?

今日のまんじゅう

今日のまんじゅう。

寝起きで汗べたべたなので
シャワー浴びようと誘ったら、

“浴びない このまんま”

と主張した。


ししゃもをアタマからしっぽまで全部食べた。

セミの抜け殻を拾ってきて、宝箱に仕舞った。


阿部寛を指差して、「これだ?れ?」と尋ねたら

"だんば"

と答えた。

保育園に迎えにいったら、年中さんのお姉ちゃんに
遊んでもらっていた。

ソファの上に私のかばんやら郵便物やらチラシやらが
置きっ放しで散らかってたので片付けようとしたら、
号泣しながら

"このまま!このまま!"

と癇癪を起こした。


座布団の上にスーパーボールを落とし、
弾まないのを見て大喜びした。

だんごむしの絵本を夢中になって眺めた。

歯磨きを泣きながらも頑張った。

保育園からもらったメッセージカードを
ママに見せて、

"おたんじょうび ありがと したの"

と言った。


今日から2歳。

お誕生日おめでとう!












"だんば"ってなんだ?

ガシガシ進め!?「ガシガシ ねずみくん」

2歳を目前に、(明日が誕生日じゃんっ!!!!)
日に日に自己主張の激しくなっていくまんじゅう。
特にオムツ替えや歯磨きなどで遊びを邪魔されるのが
大嫌いで(どうなんだよ?それって(涙))
我々こと親と衝突することもしばしば。

たまりかねて、
「じゃあ、この○○をしたらオムツ替えようね」
「このご本を読んだら歯を磨こうね」
と妥協案を提示し続けてきたら、近ごろは
"電車で遊ぶ!これで遊んだら歯みがく"
と自分から言うようになった。
(自分から言っておきながら
軽やかに約束を破ったりするがね)

というわけで、

"こで、こで よんだら はみがき しゅゆ?"

と持ってきたのがこちら。
ガシガシねずみくん ガシガシねずみくん
五味 太郎 (2005/12)
クレヨンハウス

詳細を見る

↑これはちゃんとした単行本だけど、うちにあるのは
月刊クーヨンの付録の、ペラッペラのヤツ……
中身、一緒だよね!?

ねずみくんはな?んでもガシガシかじる。
ガシガシすれば、その“物”のことがなんでもわかる。
このせんべいは正しい!このトラックは働きすぎだ!
この水は悩みがある!おまえはいいやつだ!

いや?なにしろ「ガシガシ ガシガシ」の連続で、
非常に男らしく勢いよく読み進められますぞ。
ずんずん読み進めて最後にちょっとほっこり。

まんじゅうには、やはり「ガシガシ」がなんのことやら
分からないようで、「このねずみさん、かじると
なんでもわかっちゃうんだって」と説明しても、
そうですか………とばかりにシーンとしておる。
それでも「ガシガシ」のリズムや、ねずみがいろんなものを
かじってる絵が面白くて、なかなか楽しんでおります。

もうちょっと理解が進んで……
真似していろんなものをかじってみたりしたら
ヤだなあ、ちょっぴり。(考えすぎ?)

お友達

保育園の日常風景を写したスナップ写真をいただいた。
それを見たまんじゅう、ふいにハッとして

"じおんくん"

と一人の男の子を指差し、嬉しそう。

「お友達なんだ!?へえ??!他にお友達は?」
と聞くと、

"ゆうちゃん"

と別の男の子を指差す。
一緒に写ってる女の子たちを指差して、
「この子は?」「じゃあ、この子は?」
と聞くも、シーーーン………

かあちゃん、ちょーーーーーーっぴり心配だにゃ?(笑)

いたずらな顔?「かお かお どんなかお」

明け方、眠りが浅くなると
ものごとハッキリさせたほうがいい!
とばかりに飛び起きる近頃のまんじゅう。
で、寝室の隣の居間の床にはいつくばり、
涼をとってもう一度寝るという。ネコか!

そんなまんじゅうさん、今朝(ちなみに5時半(涙))

“こで、こで、こでよんで”

と持ってきたのが
かお かお どんなかお かお かお どんなかお
柳原 良平 (1988/01)
こぐま社

詳細を見る


「表情もの」もいろいろあるけど、この本はその中でも
際立ってシンプルではなかろうか?
目と鼻と口、丸と直線から構成される顔のみ!

これまで、こういう「表情」の本は、
まんじゅうにはまだちょっと分かりにくいかなと
なんとなく敬遠してきてたのだ。
でもコレは、ワシのAmazonマイストアに非常にしつこく
「オススメ!」と紹介されてたもんで、五月蝿くなって
つい買ってしまったのだった(根負け)。

そしたら意外に食いつきがいいじゃありませんか!?
まんじゅう先生!
「まんじゅうの○○な顔はどんな顔???」
なんて聞くと、一生懸命表情を作って見せたりするし。
ちなみに泣いた顔も怒った顔も同じですがな、先生!
笑った顔といいお顔も同じになってますぞ!

すました顔、とか、たくましい顔、とか、
今のところまんじゅうの「感情一覧」には
ない感情もあったりするんだけどね。
これからまんじゅうの「表情」も彩り豊かになっていくんでしょうな。
願わくば素敵な表情の増えんことを。


ちなみに一番のお気に入りは
「いたずらな顔」

きみ、よくこういう顔してるっての。
"ニシシシ???"
とか言いながら。

まるでジェットコースター・ムービーのような ?「どろどろ」

今日のおやすみ前のご本はコチラ。
どろどろ どろどろ
せな けいこ (2006/07)
ポプラ社
詳細はコチラ


これがまた、非常にアーティスティックというか…

ってなんだろう?



って、なんですかいきなり!? 知りませんよっ!
ぴあののドから始まり、ドーナツ、どらやき、どらねこにどじょう、
どろぼうが現れてにんじゃと取っ組み合い、
突然まっくらになってオバケがどろどろ
(おお、後半に来てやっと「どろどろ」が出てくるのね)
最後はみんなで踊り明かそう!という、
実に荒唐無稽で奇妙な読後感の残る絵本!


でも、まんじゅうには大人気!
こんなに"もっかい""もっかい"と繰り返したのは久々かも。

どらやきもどろぼうもにんじゃも知らないまんじゅうは
それらが次々に出てくるのを、ビックリ箱を見るがごとく
楽しんでいる。
どらやき、どーなつ、どろっぷ、おいしいねえ、
という一文の「おいしいねえ」でこれらがおいしい食べ物だと
悟り、食べる真似をしてみたり(さんざんやって
"おなかいっぱーい"だとな)
どろぼうとにんじゃの取っ組み合いに大うけしたり。

お友達と仲良く、とか、ご飯の後は歯を磨こう、みたいな
"ご教訓"は抜きで、ただただ楽しめる
「エンタテインメント性」が、まんじゅうをとりこに
したのかも知れない。
「いい子になろうね」ばっかりじゃ
ちょっぴりうんざりしちゃうのかも知れんですな、
おむつくんたちも。


ちなみにこの絵本、
まずタイトルありきで生まれたものだそうだ。
「どろどろ」=おばけ、は分かるけど、
おばけはオチしか出てこないってのが凄い!
せなけいこって凄い!


一歩ずつ ?「おおきくなるっていうことは」

あーちゃん叔母ちゃんからの貢ぎ物もう1冊。
おおきくなるっていうことは おおきくなるっていうことは
村上 康成、中川 ひろたか 他 (1999/01)
童心社

詳細を見る


なんでも畑のじぃじが好きな本なのだそうだ。
レビューなんか見ると、幼稚園の卒園時によく読まれたりする
本だということだ。

おおきくなるっていうことは
歯がたくさんはえるということ
おおきくなるっていうことは
高いところからとびおりることができるということ
でも、とびおりても大丈夫か考えられるようになるってことも
おおきくなるっていうこと


(↑すんません、引用はアバウトです)
成長することに伴って身につけるべきことごとを
わかりやすく、それでいて胸にしみこむような文で
述べている。

4歳とか5歳とかの子向けってだけあって、
確かにまんじゅうにはまだちょっと早い内容もちらほら。
それでも、「おおきくなるっていうことは」という
センテンスの繰り返しを面白がったり、

おおきくなるっていうことは
なんでも口にいれなくなること


なんてところで
「赤ちゃんはな?んでもお口にいれちゃうでしょ、
でもにぃに(←お兄ちゃん)は何が食べられて
何をお口にいれないか分かるようになるんだよね?
まんじゅうもなんでもかんでもはお口には
入れなくなったもんね。分かるようになったもんね」
と押し付けがましく言うと、

オデ ワカットルワカットル

と、ちょっとエラそうに頷いたりするのが
オカシイやら愛しいやら。

これから先、もうちょっと時間をかけて、
おおきくなることの意味を理解し、身に付けていって
ほしいもんです。
ハハは今から、そうなった暁のまんじゅうを
想像しては胸をアツくしております。



取り急ぎ、おおきくなるっていうことは
トイレを教えられることだと気づいて欲しいにゃ??。

ごっこ遊び3

まんじゅうがペンギンのおもちゃを持ってブツクサ言ってるので
聞いてみると、

“あかい ぺんぎん でーしゅ”
“ぼくは あおい ぺんぎんでーしゅ”

目の赤いのと青いのとがいるので。

それにしても、こちらもノリの軽いペンギンたちである。

えこひいき?

長崎旅行のとき、長崎ペンギン水族館の庭で
金魚すくいをやった。で、その収穫がこれら。
金魚たち

プラスチックのおもちゃの魚くんたち。
まんじゅうはそれぞれ
青いの、とか、黄色いの、とか呼んでいるのだが、

ばびい
これだけ何故か

"ばーびー"

と呼んでいる。

ごっこ遊び2

まんじゅうがオヤツのおしゃぶり昆布を食べながら
なにやらブツブツ言ってるのでよく聞くと、

"こんぶで??しゅ"

"やあ、こんぶで???しゅ"


だって。

ノリのいい昆布だねえ。

だってパパなんだもん

夜、12時ごろ。まんじゅうの眠りが浅くなるので
非常に気を遣う時間帯である。

まんじゅうの就寝後に帰ってきたパパが、
そ??っと寝室にやってきた。

すると
“パパっ!?”
まんじゅうがガバリと飛び起き、パパの胸に突進!!
ひとしきり抱擁を交わしたあと、
「のろまなローラー」を持ってきて
“こで よんで”
とパパの膝へ。

読まないわけがありません。

翌日みんな寝不足でしたが、よしとしましょう。

“ひまだったしね”?「チーター大セール」

さて(いきなり)、人間ドックの帰り。
病院が六本木に近かったので、ついつい寄ってしまった
青山ブックセンター
アレも欲しいコレも欲しいで大変でした…。

でもやっぱり、まんじゅうの本を買っちゃうんだな。
というわけで仕入れたのがコチラ。
チーター大セール チーター大セール
高畠 那生 (2006/03)
絵本館

詳細を見る
別にABCでなくても売ってるじゃん、という突っ込みは無視。

売れない雑貨屋さんを営むチーターがいるんだな。
ある日、お客さんがやってきて、チーターの模様を
買ってっちゃうのだ。黒いまだらのなくなったチーターは、
まだらの跡にいろんな色を塗って、はではでチーターに変身!
するとそんな姿が目を引いて、お客さんが殺到、お店は大繁盛!
チーターが店じまいをしているとおばさんがやってきて、
「それじゃあ わたしはあなたのきいろを いただくわ」
とうとう体の「黄色」も売ってしまったチーターは…!?

いやもう面白いというかカワイイというか、楽しい絵本ですよ。
チーターが雑貨屋さんやってるんですよ、しかも客の来ない!
オチのあるようなないような結末もオカシイしね。
アーティスティックな絵柄なので、
「小さな子供には写実的な絵を」とおっしゃる貴方には
オススメできませんがね(何しろ人物の顔が青かったり
緑だったりするんでねえ)。
まんじゅうは今のところ人の顔が何色でもチーターが
模様をはがしちゃっても気にしないようで、
そんなことより、物語の全体を流れるズッコケな空気感を
楽しんでるみたいだ。チーターの台詞、

“ひまだったしね”

を何度も何度も復唱してみたり、
はではでチーターの出来上がり!で
ニターーーーっとしてみたり。
ワシが思うに、話のよく分からなさ具合は「とりかえっこ」
通じるものがある気がするんだが、そんな??な感じも
まんじゅうにイイ刺激になってる気がしますがな。

畑のじじばばの家からの帰りの車内、
まんじゅうはずーーっと
“ひまだったしね”
“ひまだったしね”
とブツクサ言っておりました。
意味わかっとるのかい?ちびさんや。

叔母ちゃんのプレゼント?「どんどこ ももんちゃん」

まんじゅうももうすぐ2歳ということで
貢ぎ物が相次ぐ昨今。
保育士さんをやってるあーちゃん叔母ちゃんから
いただいたのがこちら。
どんどこももんちゃん どんどこももんちゃん
とよた かずひこ (2001/09)
童心社

詳細を見る

ももんちゃんが急いでるんですよ。ひたすらに。
どんどこどんどこ急いでて、途中くまさんがとうせんぼしても
坂道を転げ落ちても前に進むんです。
そして、ももんちゃんが最後に どーん と
飛び込んだのは……ママの胸。

ももんちゃんは、赤ちゃんなんですな。
とおせんぼする熊を寄りきり押し出すのも、
坂道を転げ落ちても涙をこらえて先を急ぐのも、
全部このオチへ向かってのものなのだと分かったとたん
愛しくて可愛くてほんわか感がブワッと押し寄せますがな。

どんどこ どんどこ 
どーん とん
←(ももんちゃんがママに飛びついた音)
………ママ?♪(←アドリブ)」
と読むと、まんじゅうはニヤ?????っ。
“まんじゅうも!”
と言って抱きつく、という展開のある
なかなかステキな絵本なのである。


ちなみに、くまを押し倒してももんちゃんが先を急ぐページで、
やっつけられちゃって頭をかくくまに、まんじゅうは何故か
“くばちゃん(←くまちゃん)、ありがと”
と必ず言う。なんでかね。

畑のじじばばのプレゼント

ママ(ワシ)が人間ドック、パパが同窓会ということで
畑のじじばばの家に1泊預けられることになったまんじゅう。
じじばばの家に行ってみると、こんなもの
ドーン!
ブランコとジャングルジムと滑り台!


まんじゅうちゃんのお誕生日にねえ??と、じじばばが
買ってくれたのだ。
プラス、かぶとむしのオスメスを3匹(うちメス1匹は
あっという間にお亡くなりに…)

まんじゅうはおおはしゃぎ!
ブランコに乗り、滑り台をすべり、脇のほうについてる
オルゴールをならし、まさにサル山の子猿のごとく
片時も静止することなく大エンジョイしておった。

就寝時、布団を敷くからたたもうね?と片付けだすと
(なんと折りたたみ式なのだ!!!!)
“ぴぎゃーーーーーーーーっ”
と号泣。お布団を敷くから、片付けるのね、明日の朝、
また遊ぼう。お隣の部屋に持っていくから手伝ってくれる?
運べるかな????
と言いくるめ、片づけを手伝わせた。

……ああ、こんなふうに丸め込まれてくれるのも、
あと何ヶ月の話なのかねえ。

翌日も朝6時からソイツでエキサイト。
滑り台をすべりおりてぱいぱいに食いつく
“滑り台ぱいぱい”
というワザをあみ出してみたり、滑り台をうつ伏せで
滑ってみたりと大活用しておったのであった。

帰る時、パパの
「置く場所ないし」
という一言で、じじばばの家に置き去りに。
かぶとむしも
「世話できないし」
と同じく置き去り。

ヒドイ話です……(笑)

What's お釈迦様??「そんごくう」

パパがぐりこえほんを買ってきた。
今度のは「そんごくう」
そんごくう

ごくうが生まれてから三蔵法師と出会うまでの
お話なんだけど、このそんごくうがやたらカワイイんだな。
まんじゅうはと言えば、お釈迦様に夢中!
小林亜星似の金ぴかお釈迦様をしきりに指差し
“これは?”“これは?”
そのたびにお釈迦様だよ、としか教えようがない
自分が歯がゆい??。
お釈迦様って、神様……じゃないもんね?

まんじゅうがもうちょっと大きくなるまでに、
ワシは勉強し直した方がよさそうです。

時間差でヒット・その2?「のろまなローラー」

まんじゅうの昨夜のおやすみご本は、こで。
のろまなローラー のろまなローラー
小出 正吾、山本 忠敬 他 (1967/01)
福音館書店

詳細を見る

まんじゅうが乗り物好きだということが発覚した直後、
やたらと買い与えた「乗り物本」の中の一つである。
もちろん乗り物好きのまんじゅうはウハウハと食いついてきた。

しかし、絵を見るばかりでお話はさっぱり耳に入っていなかった。
話の途中でページをめくっちゃったり、前のページに戻ったり。
ちびすけには若干文章が多かったのかもしれなかった。

ところがここ数日、きちんとお話を聞くようになったのだ、これが。
なんだろうなあ?、お話の中のセリフ
「どいたり、どいたり!」
に気づいて心の琴線をかき鳴らされちゃったのかなあ。

それとも「パンク」がひっかかったのかなあ。
先日、まんじゅうとサイクルショップに行って、
自転車のタイヤに空気を入れてもらったんだな。
その時、「タイヤがパンクしたから空気を入れてパンパンに
するんだよ」と話したら、
“タイヤにくうきいれて、ぱんぱん”
と、しきりに繰り返してたんだけど、そのまさに「パンク」が
お話に出てきたからかなあ。

それとも、これこそが成長!?

とにかくこの頃のまんじゅうの変化は激しくて、
棒読みだけどおしゃべりもずいぶん達者になってきた。
“ちょうちょ、うしろのほうに いる”なんて、
ちょっと抽象的なことを言ってみせたり、
“まま、あめふりくま うたってよ”
なんてせがんだり。毎日びっくりしてる。
ママ(ワシ)も現在、英会話を習ってるけど、
成長の度合いがママをはるかに追い抜いているよまんじゅう。
(ママなんて10年近く英語勉強したのにな??ショボン)

まさにさなぎが蝶になるがごとく、日々どかどかと
変化を遂げるまんじゅう。ワシはついていくのが
やっとなのである。

ちなみにワシ、どうしても
「まぬけなローラー」
と言ってしまうんだけど、なんでかねえ。

おんまはみんな

まんじゅうは馬を

“おんまはみんな”

と呼ぶ。

木馬に乗りたいときは
“おんまはみんな、のりたい”

馬の絵を見ると
“おんまはみんな!”

ちょっと前までは確か
“おんま”
と言っていたハズなのに、なぜ長くなります?

お目覚めの一言

まんじゅうのお目覚めの一言・その1

“まっくらだねえ”←棒読み

長崎の某旅館にて。そりゃ暗いよ4時だもん。


まんじゅうのお目覚めの一言・その2

“おっぱいだねえ”←棒読み

同じく長崎の某旅館にて。
添い乳のままワシもまんじゅうも寝てしまったので
まんじゅうの鼻先にぱいぱいがあったのだった。

犯人?「ひとりでうんちできるかな」

パパが涙目で訴えた。
「ねえねえ、まんじゅうがパパになんて言ったかわかる!?
突然、
“パパのうんち、でっかいねえ!”
って言ったんだよ!で、誰にそんなこと教わったの?って
聞いたら、“じぃじ!”って言うの!どっちのじぃじ?って
聞いたら“海のじぃじ”だって!」

海のじぃじと言やあ、今年70歳になろうという
ワタクシの父親じゃあないですか。謹厳実直を絵に描いたような
典型的な昭和ひとケタだと思っていたが、いつの間にそんな
愚行を……って違うよっ!
犯人はコレですよコレ!
ひとりでうんちできるかな ひとりでうんちできるかな
きむら ゆういち (1989/10)
偕成社

詳細はコチラ

いぬさんもねこさんも、ゆうちゃん(人間)もみーんな
上手にうんち出来るよ!っていう内容の仕掛け絵本。
この中に「かいじゅうさん」が出てくるんだけど、
こやつが「でっかいうんち」をするんだな。そこが面白くて
まんじゅうは何度も何度もこの本を読んでいたんだな。
このシリーズは他に
はみがきあそび はみがきあそび
きむら ゆういち (1998/03)
偕成社

こちらもどうぞ
というのも持ってて、これも結構
まんじゅうのお気に入りなんだけど、ここでもかいじゅうさんは
「オチ」というか「ずっこけ」役で出てくるんだな。で、
まんじゅうが気に入ってるのはもっぱらそのページ。
それでも歯磨きを嫌がるような時には、
「こいぬのコロもこねこのミケもみーんな
歯磨きしてるでしょっ!」などと
この本の中身をちょっとお借りできて、それなりに助かっている。

それにしてもまんじゅうは、
「??は誰?」
と尋ねると大抵
“じぃじ!”
と答えるんだけど、なんなんでしょうか一体。

まんじゅうの旅?「なつのずかん」

世間は夏休みですよね。
我が家も夏休みでした。長崎に行きました。
まんじゅう、初めて飛行機に乗るの巻!!!!
お??なんと恐ろしいっ!
座席に着くや周りの人に「うるさくしたらごめんなさい」と
謝りたおしておきましたが、
まんじゅうくんは期待通り泣き喚いたりもしてくれました。
おおむねイイ子だったんだけどね。

小さい子が飛行機に乗ると、スッチーさんが
おもちゃを持ってきてくれるんだわね。
(ちなみに、まんじゅうがおなかにいる時に
飛行機に乗ったら、「もうすぐお子さんが
生まれるということで」と、おもちゃをくれたJ●L。
ちょっとジーンときた)
で、「どれがいい?」と差し出された数種類のおもちゃから
まんじゅうが選んだのが文庫サイズの「なつのずかん」
なつのずかん

昆虫や草花のミニ図鑑と、「かみなりはなぜおこるの?」
「あついと いぬが したをだすのは なぜ?」といった
「なつのなぜなに」から構成される51ページもの分厚さの
結構な図鑑だ。
くわがたやらかみきりむしやらバッタやらがみっちりと
載っており、まんじゅうはしきりに“こで、こで”と
指差して楽しんでおった。
JA●にこれからお乗りになられるちびっ子連れの皆さん、
これ結構オススメです。

余談だが帰りの飛行機で、パパが
「向こうの席に座ってるの、加山雄三じゃない?」
と言い出した。
加山雄三ともあろうお方がこんなエコノミー席に座って
靴脱いでくつろいでるわけないだろうがバカモノ!

一喝したんだけど、「いや、絶対そうだ!」
そしてわざわざトイレに行く振りして近寄ってきて
(まさに一般ピープルの行動)
「やっぱり加山雄三だ!」
ということで、このフライトがワシ的にはこの夏最大の
思い出となりました。

ちなみに若大将は機内販売で何やら買い物をして
おられました。

泣ける話(ママが)

朝食後、まんじゅうとじゃれていたら
まんじゅうがポツリと一言。

“まま いて うれしいなあ”

ごめんね……(号泣)

ぐりこえほん 本棚手に入れました

パパが手に入れてまいりましたよ!
ぐりこえほんの本棚を!
詳細はHPでも見ていただくとして、本棚だけでなく
8冊も絵本がついてくる(本棚がついてくるのか!?)
っていうんで、まんじゅう大はしゃぎ!
あっちも見たいしこっちも読みたいで、
結局「ほら吹き男爵の冒険」しか読みきれませんでした。
D79sh0041.jpg
傾いてますが、それは我が家が欠陥住宅だということでおいといて、
なんというか木目調が高級感をかもし出す、なかなか
素敵な本棚です。初めての一人暮らしの部屋に必ずある
カラーボックス風とでもいうのか。
ところでこれに本を並べると、背表紙のナンバリングが
イヤでも目に入るわけですよ。
これがまた思わず絵本を全部揃えたくなる
心理的効果を高めるんだねえ…
ヤフオクで買おうかとまで一瞬思ったよ、わしは。

ともあれ、本棚の空間を埋めようと、明日●友のお菓子売り場に
行くであろう事は想像に難くないです。ほんとに。

あ、ところで、この本棚にはキャラメルもついているんですぞ。
忘れてました。


ちなみにまんじゅうは、こちらの本の表紙を見て
“ぺんぎん”
とな。
なんとなく分からなくもないです。
CFHsh0041.jpg

ドリフ・世代を超えて。

まんじゅうさんは2歳を目前にして未だオムツの取れる気配は
ありませんです。彼のオムツは布だったり、紙でもテープタイプ
だったりするので、オムツを換えるときは寝てもらいます。
座布団の上にごろ?んとしてもらいます。

そんなまんじゅうさんが近頃オムツ換えの際に
必ず要求すること、それは
ちゃちゃらちゃっちゃらちゃっちゃ ちゃっちゃらちゃっちゃ
ちゃっちゃっちゃ?

と、ドリフ「8時だヨ!全員集合」の、かの有名な転換のBGMに
乗せて座布団を回転させること。
なんのことやら知らないくせに、まんじゅうさんはこれが大好き。
回を重ねるごとに2回転、3回転と要求されるので、
オムツ換えもなかなか終わりませんがな!

まんじゅうが大きくなってTVを見るようになったら
ドリフを見せてみようかなと思います。
これとか。
TBS テレビ放送50周年記念盤 8時だヨ ! 全員集合 2005 DVD-BOX (通常版) TBS テレビ放送50周年記念盤 8時だヨ ! 全員集合 2005 DVD-BOX (通常版)
ザ・ドリフターズ (2005/06/25)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

21世紀生まれのまんじゅうにも、
ドリフの世界は通用するのでしょうか。
楽しみです。

ちなみにパパはドリフの公開収録を2回ぐらい観に行ったそうです。
子どもの時に。
それだけで、パパにはかなわない!と思わされます。

時間差 ?「めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス」「おでこにピツッ」

初めて見た時はさっっっぱり興味を示さなかったのに、
しばらく経つと大好きになる、ってなパターンが
しばしばあるわけですよ。

まずはせなけいこ
めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス
せな けいこ (2002/11)
ポプラ社

詳細はコチラ

クリスマスの日、プレゼントを配ってる最中のサンタさんが
うっかりして昏睡! めがねうさぎとおばけがハプニングに
立ち向かう!!…というようなお話。独特の味のある貼り絵が
印象深い、ファンタスティックな絵本だ。

まんじゅうがふうせんねこなどの
せなけいこ作品を気に入ってるというわけで、
去年のクリスマスのちょっと前にパパが買ったものだ。
当初ははかばかしい反応を見せなかったのに、
なぜかクリスマスを過ぎた頃に急にお気に入りになり、
以降リピート率の高い1冊として活躍してるわけですな。
クリスマスツリーの飾りやらパーティのテーブルやらといった
小物の多さが、当時のまんじゅうの読書スタイル
(知ってるものを指差して楽しむ(笑))に非常にマッチしててねえ。
まんじゅうさんもにんじんやらメガネやらを
無我夢中で指差してたもんでした。
近ごろはオバケが気になる存在らしく、
しきりに“こで、こで”と指している。

もう1冊が「おでこにピツッ」
ちいさなかがくのとも 2006年 06月号 [雑誌] / 20060803010437.jpg

おでこに、葉っぱに、道路に、屋根にと、
雨が当たって生み出すいろいろな音。言葉による物語はなくて
ひたすら雨音、それが実に情景豊かに“物語”を描いてるんですな。
まんじゅうは最初はなんのことやら分からなくて
全く食指を伸ばさなかったんだけど、
「葉っぱに雨があたったよ」
「屋根にたくさんあたってるんだね」
「これはなんの音だろう??」
とクドい注釈をつけたら興味をひかれたようだ。
つい先日までの長雨で、窓ガラスをつたう水滴を
“雨だねえ”
なんつって楽しんだりして、雨そのものに興味を持ったという
タイミングもよかったのかも。

小さき人たちは時々刻々と変化を遂げている。
今日この日まで一度たりともまんじゅうが興味を示さずにいる
「かにむかし」も、きっといつか楽しく読むようになるに
違いない。
そのきっかけが何なのか、今から非常に気になるところである。

倍速・子供の時間

まんじゅうさんは誰に似たのか調子のいい時は
非常にテンションが高く、ばか笑いしてみたり
アジったり、むやみに回ったり走ったりします。
しかし運動神経がなかなかテンションに追いつかず、
しょっちゅう壁に激突したりすっ転んだりします。
若手芸人かってぐらいずっこけます。

あまりに日常茶飯事なので、近頃では痛くても
いちいち泣かなくなりました(泣いてるヒマはない!とな)。
が、やっぱり痛くてベソをかく時もあります。
そういう時はワシに
“いたい とんでけ?”
をしてくれとせがむので、手を当てて
「痛いの痛いの飛んでけ??」と例のヤツをしてあげます。
すると
“だいじょぶ!”
とキッパリ言い放って再びテンション高く走り回ります。
なんかカッコいいぞ、小さいくせに。

ワシは昔から、子供ってえのは常に走り回ってるけど
きっと「子供時代」が短いんだってことを本能的に
知ってるから、常に急いでるんだろうなと確信しておりました。

しかし近ごろは、子供に流れる時間ってのは大人の
数倍の速度だってことに気づき、つまり連中は急いでいる
というよりは、早送りなんだなと分かりました。
だって2年足らずで倍の大きさになるんですぜ!?

ちなみに、シチズンが91年に行った調査では、
小学生の約9割が「時間は大切だ」って考えてるんだそうで。
http://www.citizen.co.jp/research/time/20010530/01.html

いったい小学生がどんな時にふと
“時間って大事だなあ”
なんて思うんだろうと、おかしいような切ないような
気分になりましたです。

一口メモでした。

読めない絵本?「Esterhazy」

添い寝派の皆さん、こんばんは。
お子様がたの夏の寝相対策は、皆様いかがされてますか?
隣にいたはずの子供が、ふと気づくと足元にいたりして
うかうか眠れやしませんな……。
というわけで、息子に布団から蹴り飛ばされ、
ブログを更新することにしましたワシこと母です。

近ごろまんじゅうが
“こで”
と、しばしば持ってくるのがこちら。
Esterhazy. Eine Hasengeschichte Esterhazy. Eine Hasengeschichte
Irene Dische、Hans Magnus Enzensberger 他 ()
Sauerlaender GmbH
この本の詳細ってほどでもない情報を見る


これはねえ、絵があまりに可愛らしいので衝動買いした
本なのよ、まんじゅう。
でもねえ、ママ、これ、全く読めないの

だってフランス語で書いてあるんだもん。

原書はドイツ語で(これも全く読めまへん)それを仏語に
訳したという、謎が謎を呼ぶ意味不明な本なのじゃ!

どうやら、高貴な血筋の小うさぎさんが電車に乗って
ベルリンに行くみたいなのだが、風呂に入ったりショーウインドウで
芸を見せたり、しまいにはベルリンの壁が崩壊するという
荒唐無稽なお話なのだ。(憶測)

しかし、まんじゅうには文字など何語であろうと関係なく、
いつものようにお話を楽しみにしてワシの膝に座る。
だからワシも枯れ果てたイマジネーションを
フル回転させて毎回無理矢理話を作るのだが、
それなりにうまく出来ればいいが、ちょっとでもモタつくと
まんじゅうはプイっと膝から降りてしまう。
正直なもんです。

お話を作るって難しいですな…。絵本作家というのは
途方もない能力を持った人たちなのだなと痛感。

まんじゅうさんにはぜひフランス語を勉強してもらって、
この本をワシに読み聞かせてほしいものですな。
“母さんてば、こんなとんちんかんなことを
言っていたんだねえ”

と呆れてブブブとか笑われたりするのも、
それはそれでちょっと楽しみであります。
なんつーか、三年殺しみたいで。

Extra

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

araia

Author:araia
araia→母。初めての子育てで七転八倒中。
まんじゅう→息子。平成16年8月生まれ。8歳!
パパ→父。息子を愛している。

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。