Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達

ちょいとバッチイ話で恐縮ですが。

まんじゅうが、「ぶう」とオナラをしました。

すると

“ こんなオナラらしいオナラが出たのは初めてだよ!”

だって。
確かに、あんまりオナラはしない子なんですがね。



さて、骨折から3週間。今日は久しぶりに幼稚園に行きました。ちょいと用事がありまして。
2週間ほど前にも行って、その時もそうだったんですが…


クラスのお友達がまんじゅうを見つけるや、

「まんじゅうーー!!!」
「まんじゅう!!!」

と、遠くから呼んでくれて、駆け寄ってきてくれるんだよねえ???

まんじゅうは照れくさそうで嬉しそうで。母はちょっと泣けたりして。


どうして休んでるの、とか、治ったの?とか、尋ねてきてくれて、

「辛かったろうにねえ、かわいそうにねえ」

なんて妙に大人っぽいことを言ってくれたり。


闘いごっこに乱入したまんじゅうが、どんなに攻撃してきても

「待て、まんじゅうには、やっちゃだめだ!」

なんて手加減してくれたり。


ああ、みんな、なんてお兄ちゃんになったんだろう…って、母はすごく感動したのでありました。
あと数ヶ月で小学生なんだもんね、みんな。
もしまんじゅうが逆の立場になったとしても、そんなふうに言えるのかしらねえ?

201102090959001.jpg

すごい船にも乗せてもらいました♪
スポンサーサイト

幸せの日々

お迎えにいったら、まんじゅうの顔が赤い筋だらけだった。

また喧嘩とかムチャとかしてケガでもしたのかなーと気にもしなかったのだが(……あまりに日常茶飯事なもんで(-_-))

よくよく見たら、サインペンで描いてあった。
額から鼻筋を通って、両の頬に線が……。

まんじゅう、これ何?と尋ねると


“自分で描いたんだー♪
メガネくんになろうと思ったのー”


メガネにしてもずいぶん壊れております。


彼は幼稚園で毎日、いったい何をしてるんでしょうか(-_-;)



ところで先日。
降園後に親の行事があって(保護者会か何か……忘れちゃいました)その間、子どもたちは園庭で遊びながら親を待っておりました。


で、行事が終わって、帰宅する道々。
まんじゅうがしきりに

“ああ、今日は本当に楽しかったなあ……”

と繰り返すのです。

何をしてたの、と聞くと、


園庭の滑り台の上で、お友達と、つつじの蜜を吸いたいだけ吸い、さくらんぼ(注・まだ青い)を食べたいだけ食べていたのだそうです。

その日は暑かったんだけど、園庭は涼しくて、爽やかな風に吹かれながら食べまくったのだそうです。


“ああ、本当に楽しかったなあー”


しみじみとつぶやくまんじゅう。


幸せなひとときを過ごせたんだなあ、と、母は嬉しかったのでありました。


まんじゅうがいつもいつも、そんな日々が過ごせますように。
顔が赤い筋だらけになるのだとしても(笑)

今日の活動

近ごろ、パパの仕事が忙しく、まんじゅうと出会えていない。

だからパパのために、まんじゅう新聞を作ろう、ということになった。

内容は、まんじゅうの昼間の活動について。

母はまんじゅうにインタビュー。

「まんじゅうさんは今日は、幼稚園で何をして過ごしましたか?」


“ええっとーー




今日はー、畑でーー、

ずっとバクダンを作ってました。

そして時々、お手伝いのお母さんたちに

砂を投げました。”




うおー、まんじゅうは一体どんな園生活を送っているのか!!!!
パパにはむしろ見せないほうがいいのでは、と思いました。

明日、お手伝いのお母さんたちに謝らなくては…

孤独と闘う

いやー、幼稚園の行事でドタバタして、またしても間が空いてしまいましたよ。

子どもたちの作品展があったのです。
で、母たちには、オリジナルの絵本製作と、子どもが家で描いた絵を1年分、スクラップして提出というノルマが課せられたのでした。
去年もやったんだから勝手が分かってるんだから、早めにやればいいのに、ぎりぎりで慌てるという……私がどんな学生時代をすごしたか、容易にわかってしまう出来事でした。

作品展のほうはというと
DSC03828.jpg
DSC03827.jpg
DSC03826.jpg

とまあ、ほとんど現代アートのような様相を呈しつつ(笑)母的には、なかなか面白い作品が並んでるなあと楽しんだのでした。

まんじゅうたちのクラスは

DSC03824.jpg

紙をちぎって作った鳥たちの群れに迎えられ

DSC03825.jpg
なんとなく静謐な一画もあり

DSC03823.jpg
ワイルドな一画もあり(笑)


ところで。
みんなが描いた稲の絵の展示の中に、まんじゅうのを見つけたのはいいが……

DSC03821.jpg
ウルトラマンが闘ってるじゃないか!!!!(わかります?)


とまあ、まさに明けても暮れてもウルトラマンだの仮面ライダーだの。
近ごろは言動にも、昔のようなファンタジックなところがなくなって、寂しい限りだなあと思っていた母でありました。



が、今日の出来事。


まんじゅうの爪を切っていたら、人差し指の爪に噛んだ跡が。
去年ぐらいによく噛んでいたけど、近ごろは収まったなと思っていたので、ちょっと焦りました。

「まんじゅう、また爪を噛んじゃったんだね?」
“ちょっとね”
「どういうときに噛みたくなっちゃうの?」
“うーん、さみしいときとか”

寂しいのか……ちくちくと胸の痛みを感じつつ、母は重ねて聞きました。

「ママ、まんじゅうに寂しい思いをさせてるかな」
“ううん”
「じゃあ、幼稚園で?どんなとき寂しいの?」
“一人で闘ってるとき”

一人で闘ってる……それはどういうことなんだろう。
お友達とけんかして、仲間はずれにされて、園庭のすみで一人でウルトラマンごっこをすることでもあるのだろうか。
そしてふとしたはずみに動きを止め、爪を噛んでしまうのだろうか……遠くからのみんなの歓声を背中に受けながら……

そんなまんじゅうの姿を想像して、なんとも切ない気持ちになってしまった、母。

「どうして一人で闘うの?」
勇気を出して聞いてみた。


すると。


“みんなを休ませて、まんじゅう一人で敵と闘うんだ”

「ん?みんなはその間、何してるの?」

“休みながら、まんじゅうを応援してるの”


見えない敵と夢中で闘うまんじゅう。
そんなまんじゅうを、しゃがみこんで声を限りに応援する子どもたち。
そのときまんじゅうは、爪を噛みたい気分になってしまうというのか。
まんじゅうが闘う見えない敵とは、「孤独」という名の怪物なのか……って、おい!



なんだろなーーーその光景。母もぜひ見てみたいよ……動画に収めときたいわい(-_-;)

興味の対象はウルトラマンに移っても、ファンタジックな立ち居振る舞い、そして発想は、相変わらずで健在なんだな?と、ほっとしたような吹き出したくなるような出来事なのでした。

最後の日

幼稚園も終わりましたね。

最終日、うちのクラスは、男女分かれてクリスマス会をしました。

女子は一人のおうちに集まって、ケーキパーティ♪

そして我ら男子は
DSC03719.jpg


屋外にてケーキ!!!!!

確かに10数人の5歳男子が一軒に集まってしまったら、天災でもないのに家が崩れ落ちるもんね……

走り回る子どもたちを見ながら、何度「今ごろ女子は部屋の中でぬくぬくと……」と震えながらボヤきあったことか。

ケーキが美味だったのが救いでした(笑)


DSC03722.jpg
ウマー♪


ちなみに、近所の小学生の間で流行ってるそうです、フード付き上着の仕舞い方↓
DSC03724.jpg
ラグビーボールみたいでグッときました(笑)


ところで、幼稚園の最後の日にはサンタさんからプレゼントがもらえるので、それまでにハイソックスを持ってきてくださいね、と言われました。
まんじゅうのハイソックスじゃ入るわけないよなあ……と、園に持っていったのが。


DSC03727.jpg

母のニーーーーーーーハイ。
長すぎる。
プレゼントはコマでしたが、まんじゅう、取り出すのにエラい苦労をしてました、すまぬ(^^;)

Extra

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

araia

Author:araia
araia→母。初めての子育てで七転八倒中。
まんじゅう→息子。平成16年8月生まれ。8歳!
パパ→父。息子を愛している。

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。